top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

今田美桜“舞”「やってやろうじゃないですか!」決めぜりふとはまた違う格好良さにワクワク<花咲舞が黙ってない>

WEBザテレビジョン

今田美桜が主演を務めるドラマ「花咲舞が黙ってない」(毎週土曜夜9:00-9:54、日本テレビ系/Huluにて配信)の第2話が4月20日に放送された。銀行の臨店班に異動となった舞(今田)が二つめの問題解決を手掛けることに。だが、その後の銀行の対応に憤り、ある決意をする展開となった。(以下、ネタバレを含みます)

■大ヒットドラマが装い新たに登場

同ドラマは、銀行を舞台に不正を絶対に見て見ぬふりできない花咲舞が、弱い立場の人たちのために立ち上がる姿が痛快なエンターテインメント作品。2014年、2015年に杏が主演した、池井戸潤の小説「不祥事」が原作の前ドラマ後に出版された新作小説の物語を新たなキャストでつづる。

支店を回って小さな問題に対処する臨店班となった舞の上司でバディとなる相馬健を山本耕史、舞が務める銀行の経営企画部に所属するエリート中のエリートである昇仙峡玲子を菊地凛子、昇仙峡に銀行の不祥事を隠蔽する任務を命じる経営企画部長・紀本平八を要潤、舞の叔父で「酒肴処・花さき」店主の花咲健を上川隆也が演じる。

■舞は情報漏洩の犯人を突き止める

第2話では、赤坂支店の取引先である白石珈琲の社長が機密情報漏洩の可能性があると本部のお客様相談室に訴えた件を舞らが調べることに。漏洩した情報とは出店計画で、ライバル企業がそこに出店するケースが続いていたのだった。

舞らが突き止めた犯人は、検査部の畑仲(三宅弘城)。白石珈琲のライバル企業に役員待遇で再就職することと引き換えに情報を漏らしていたことが分かった。そこには、これまで銀行に身を捧げてきたのに出世もままならず、中年行員となったら人生を自分で切り拓いていくようにと見捨てるような体制に対する悲しみと怒りがあった。

「裏切られた」と逆上する畑仲に、舞の決めぜりふ「お言葉を返すようですが」「黙りません!」が繰り出された。そして、「私もこの銀行が正しいとは思ってません」と言いつつ、「畑仲さんが銀行員としての道を踏み外してやったことは、今この銀行で働いているすべての行員を侮辱する裏切り行為です」と告げた。

■舞が奮起する姿が格好良い!

白石珈琲は融資が下りることになって無事に危機を脱し、ホッとする舞。本部に戻ったときに憧れの昇仙峡と偶然会い、言葉を交わすことに。

本話冒頭、銀行の男性社会の中で活躍している昇仙峡に「チャンスは誰にでもあるんじゃない?頑張って」と言われて舞が気合いを入れる場面があった。このラストで昇仙峡は「あなた、チャンスをつかんだら何がしたいの?」と問い掛け、舞は「銀行の不公平で古臭いところを変えたいです」と即答する。

ところが、昇仙峡は「それは…無理ね。あなた一人がどんなに頑張っても、この銀行は変わらない」と一刀両断した。

昇仙峡の言葉に呆然とする舞。さらに、畑仲が懲戒解雇になったものの、今回の事件は表ざたにならないことを知り、憤る舞に「ここで正義を求めたって無駄だぞ。どんなに頑張ったところで、この銀行は変わらない」と告げた相馬。

奇しくも相次いで同じことを言われた舞だが、逆にそれによって一段と奮起。「なんかやる気出てきちゃいました。どれだけ頑張ればこの銀行は変わるのか。やってやろうじゃないですか!」と力強く宣言したのだ。

なんと格好良い舞の決意だろう。演じる今田がその力強さを大きな瞳に宿らせたのが、いっそう決意を引き立て、ワクワクさせた。視聴者からは「かっこよすぎて鳥肌たった」「堂々としていてかっこいい」「腹をくくった感じがよかった」「応援したくなる」と反響が寄せられた。

◆文=ザテレビジョンドラマ部

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル