top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【J1注目プレビュー|第9節:FC東京vs町田】スタイルを出し切って勝利を掴むのは?

超ワールドサッカー

【明治安田J1リーグ第9節】
2024年4月21日(日)
15:00キックオフ
FC東京(9位/12pt) vs FC町田ゼルビア(3位/16pt)
[味の素スタジアム]

◆ホームで負けるわけにはいかない【FC東京】

前節は東京ヴェルディとの“東京ダービー”を戦ったFC東京。劣勢の試合も、遠藤渓太の2ゴールで土壇場で追いつき、敗戦を免れた。まるで勝利したかのような盛り上がりを見せていたが、今度は“ホーム”という立場で、同じ東京を本拠地とする町田を迎える。

2試合連続の東京勢との対戦、そしてどちらも昇格組。J1の舞台で東京を守ってきたクラブとして、負けることなど許されない。ミッドウィークはターンオーバーで臨んだY.S.C.C.横浜とのYBCルヴァンカップで快勝を収めていた。

ここまでJ1で旋風を巻き起こしてきた町田を上回る必要があるFC東京。当然、ハードワークや強度、切り替えのスピードなどで負けていては話にならない。その前提で、どう上回るのか。チームの持ち味であるサイドアタック、そしてフィニッシュのクオリティの違いと、チームとして相手をいなしてしっかりと前進することが大事になる。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:波多野豪
DF:白井康介、土肥幹太、エンリケ・トレヴィザン、バングーナガンデ佳史扶
MF:高宇洋、仲川輝人、小泉慶
FW:遠藤渓太、小柏剛、俵積田晃太
監督:ピーター・クラモフスキー
出場停止:安斎颯馬
U-23日本代表活動参加:野澤大志ブランドン、松木玖生、荒木遼太郎

◆リーグ戦の連敗は避けたい【FC町田ゼルビア】

サンフレッチェ広島に続き、ヴィッセル神戸にも敗れた町田。チームの原理原則は守っていながらも、クオリティの差で負ける形となった。

ただ、全てが劣っていたわけではない。広島戦ほどの苦しさはなかったが、結果として敗戦に。今節はリーグ戦の連敗をどう避けるかがポイントとなる。

ミッドウィークではJ3のギラヴァンツ北九州とのYBCルヴァンカップで勝利。ターンオーバーもしながら結果を残した中、ポイントとなる部分ではやはり強度の高さ。チームとしての戦い方のベースが変わることはなく、しっかりと戦った上で、あとはチャンスを活かせるかどうかだ。

パリ五輪を目指す2人を欠く中で、2トップを担うナ・サンホは古巣対決に。キッカーとしても攻撃を引っ張る鈴木準弥も古巣対決。勢いを持った素早い攻撃をいかに仕留めるか。精度を上げて連敗を回避したい。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:谷晃生
DF:鈴木準弥、ドレシェヴィッチ、チャン・ミンギュ、林幸多郎
MF:バスケス・バイロン、仙頭啓矢、下田北斗、藤本一輝
FW:ナ・サンホ、オ・セフン
監督:黒田剛
出場停止:柴戸海
U-23日本代表活動参加:平河悠、藤尾翔太
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル