top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

BREIMEN×HALLEY、セッション出身バンド対談 国内に広がるシーンを形成したプレイヤー同士のつながり

Real Sound

BREIMEN×HALLEY(撮影=まくらあさみ)

【特集:バンドからバンドへと受け継がれるもの】

 ロックがバンドの代表的なフォーマットであった国内ポップミュージックの中で2010年以降、ソウルやファンク、R&Bなどブラックミュージックのグルーヴを取り入れたバンドたちが一つのシーンを形成した。その流れの中で生まれたふたつのバンド、BREIMENとHALLEY。BREIMENは2015年に無礼メンとして結成し2018年より現体制、HALLEYは2021年に結成されたバンドだ。彼らには早稲田大学の公認サークル、ザ・ナレオで出会った仲間とバンドを始めたという共通点がある。ブラックミュージックの愛好家が集まる同サークルの活動ではセッションが行われ、サークルの外に広がるセッションのコミュニティとの交流も盛んだという。今回、HALLEYの張 太賢(Vo)と西山 心(Key)、BREIMENの高木祥太(Ba/Vo)といけだゆうた(Key)にザ・ナレオの部室に集まってもらい、“セッション出身バンド対談”を行った。「Suchmos以降」と形容されることもある新世代のバンドシーンがどのように築かれていったのか、「セッション」というキーワードからその一端を垣間見ることができた。(リアルサウンド編集部)

(関連:BREIMEN、初の恵比寿リキッドルームで見せた“音楽で遊び続ける”スタンス

■セッションサークル出身者がつないだ大学生と上の世代のコミュニティ

――西山さんとテヒョンさんは、どんな経緯でナレオに入ったんでしょうか。

広告の後にも続きます

西山 心(以下、西山):僕は早稲田大学附属校出身なのですが、高校時代の軽音部で一つ上の先輩がHALLEYの登山 晴(Gt)だったんです。彼が大学へ入学した年にコロナ禍になり、サークル活動もほとんどできない状態が続いたのですが、僕が大学1年の時にまた連絡を取ったら「音楽やりたいね」という話になって。晴の同い年で、大学の音楽サークルについていろいろ詳しいやつに「ちゃんと音楽をやりたいならナレオへ行きなよ」と言われ、それで二人で新歓セッションへ行き、その時に出会ったメンバーとHALLEYを組んで、改めてナレオに入ったという経緯です。

張 太賢(以下、テヒョン):僕は大学3年生の時にナレオに入ったのですが、それまではずっと上智大学の弾き語り専門サークルにいました。そこにいた先輩が、卒業ライブで「How Deep Is Your Love」(Bee Gees)とかいい感じのソウルを歌っていたので、「どこでそういう音楽ができるんですか?」と聞いたら、彼がナレオでバンドを組んでいると教えてくれて。ナレオに行けばそういう音楽ができるんだなと思って入ることにしました。

 それまではコロナ禍だったのもあり、一人でずっと音楽を作っていたのが、ナレオでようやく音楽仲間を見つけられたという感じでした。しかも、そこにはrpm(下北沢「music bar rpm」)やサムシン(池袋「SOMETHIN’ Jazz Club」)でセッションをやっている人たちがたくさんいて。「そうか、ここにいる人たちはみんなセッションを通っているんだ」とそのときに知りました。

――高木さんといけださんは?

高木祥太(以下、高木):俺はそもそも早大じゃないし高卒なんですけど、旧体制(無礼メン)のドラムだった田中航が、俺が前にやっていたエドガー・サリヴァンというバンドのギターの坂本遥とナレオの新歓セッションで知り合っていて。俺は別ルートで航と、地元がそれなりに近かったのもあってよくセッションをしていたんです。ナレオには遥に誘われて入ったのですが、航も洗足音大(洗足学園音楽大学)なので二人とも完全に外様でした。バンドは遥と航と俺と、今井みの莉というボーカリストと4人でまず始めて、チャカ・カーンとかをカバーしていましたね。

いけだゆうた(以下、いけだ):俺はそれを見る側の時もあったし、参加していた時もあって。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル