top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

需要と供給のバランス、経済活動へのハードル……キーパーソンたちが考える“メタバース全体の課題”

Real Sound

往来・ぴちきょ×PONYO

 「メタバース」を筆頭に、拡大をつづけるバーチャルの世界。そんなバーチャルの世界には、現実世界同様にさまざまな「表現者」がいる。連載「Performing beyond The Verse」では、バーチャルにおけるありとあらゆる「創作」と「表現」にたずさわる人びとに話を伺っていく。第二回目は、株式会社往来の代表・ぴちきょ氏と、VRイベントプロデューサー・ディレクターのPONYO氏をお招きし、対談を実施した。

参考:【画像】BOOTHが公開した3Dモデルカテゴリの取扱高推移 デジタルファッション市場は拡大を続けていることがわかる

 一時、バズワード的な広がりを見せた「メタバース」という言葉。「AI」に取って代わられる一過性のものかと思われたが、実際のところ堅調を維持している。とくに今注目を集めるのが、企業・自治体の参入だ。

 しかし、こうした事例はときに成功例と失敗例の明暗差が際立ってしまう瞬間がある。話題の取り組みとして注目を集め、ユーザーの間「定番コンテンツ」として定着する取り組みもあれば、作ったはいいものの思うように集客ができず「ゴーストワールド化」してしまうものもある。こうした注目度の差が、目に見えてしまうことはメタバースのむずかしさの一つだ。

 では、どうすればメタバース参入は成功するのだろうか? 数多くのクライアント案件を手がけ、ユニークなコンテンツ作りに定評のある往来・ぴちきょ氏と、バーチャルファッションショー『Voyage』や、MyDearestのVR音楽ライブなど、数多くのユーザー主体イベントを成功させてきたPONYO氏二名による対談を通して、“成功するメタバース”のカギを探る。

広告の後にも続きます

 後編では、ぴちきょ氏が指摘するメタバースや『VRChat』が抱える課題と、コンテンツを作る側であるお二人の心構えについて、意見を交わしてもらった。(浅田カズラ)

■需給のバランスが崩れつつある? 往来・ぴちきょ氏が指摘する「次なる課題」とは

ーー『VRChat』では流行を作るトップクリエイター層、次いでインフルエンサー、消費者という順で、UGCにおけるピラミッドが出来上がっていると。こうしたなかで、ぴちきょさんがおっしゃる「次の課題」とはどういったものなのでしょうか?

ぴちきょ:少し前に、とある方の「『VRChat』は大規模イベントが多すぎて、追いかけるのに疲れてしまった」という趣旨の投稿が、Xでプチバズしてたんですよね。実際、企業だけでなく、ユーザー側が仕掛ける大規模イベントが、ほぼ毎月あって、どれもクオリティが高い。おかげで飽和状態になってしまい、「別に今回見なくても、またすぐ次来るしな」という気分になっている人は多いと思います。

 正直、需要側にいるユーザーと供給側に立つプレイヤーのバランスが、若干崩れつつあるんじゃないかなって。1年前までは「ユーザーと企業とで手を取り合い、一緒に盛り上げましょう」という手法が効果的だったのですが、この先は少し厳しいんじゃないかと予測しています。

――需要供給のバランスがたしかに極端ですよね。誰でもイベント開催ができることもあって、「もう食べ切れないよ」という気持ちには自分も陥りがちです。UGCカルチャーならではの現象ですし、決して悪いことばかりではないと思うのですが……。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル