top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

THE RAMPAGE 川村壱馬が目指す“一番星”とは? 「強くありたいと願う人達のロールモデルに」

Real Sound

 川村壱馬(THE RAMPAGE)の1st写真集『Etoile』(小学館)が、4月24日に刊行された。タイトルの『Etoile』は、星・花形・スターといった意味を持つフランス語であり、その言葉通り、今作のロケ地はフランスのパリと北部・ノルマンディー。パリに生まれ育った19世紀の象徴主義を代表する画家ギュスターヴ=モローの美術館と、フランス北部にある19世紀に建てられた古城を貸切り、前代未聞の大規模な撮影が行われたという。また、パリの街中で行われた撮影では、カメラマンISAC氏や可愛い犬との微笑ましいエピソードも。そんな写真集の制作秘話を中心に、海外進出への想いや目指している“スター像”など、幅広いトピックスを語ってもらった。(斉藤碧)

色気あふれる表情に吸い込まれる……川村壱馬のフォトライブラリー

■城の内部で撮影させてもらったのは僕が初めて

――2020年にフォトエッセイ『SINCERE』を発売してから約4年、1st写真集『Etoile』が発売されます。フォトエッセイと写真集という違いはありますが、どのような経緯で『Etoile』を制作することになったのでしょうか。

川村壱馬(以下、川村):LDHと小学館さんの間では、以前から企画していたようなんですが、僕自身は急に知らされたんですよね。「小学館さんと写真集作るから」って言われて、「え、そうなんですか?」っていう(笑)。

広告の後にも続きます

――決定事項だったんですね(笑)。

川村:はい、ほぼ決定してました。とはいえ、もしもフォトエッセイを作るって話だったら、「ちょっと早すぎるから、さすがに……」って言っていたと思うんですよ。前作からそんなに年数が経っていない中で新たにエッセイを書くのは、現実的じゃないので。でも、写真集だったら文章量もそこまで多くないし、ロケーションや衣装、表情やポージングなどでいろんな表現をお見せできるかなと思って、「ぜひお願いします!」とお答えしました。

――写真集の制作が決定したのはいつ頃ですか?

川村:2023年の春です。そこから具体的にどういう写真集を制作するかを固めていきました。正直、『Etoile』(【1:星 2:花形、スター】という意味のフランス語)というタイトルや、「『Etoile』に相応しい人間を目指したい」というコンセプトは後々肉付けされていったもので、その時はロケーションを決めることが優先事項でした。そこで、自分なりに撮影してみたい場所をいくつか挙げていって。僕の地元である大阪も候補には入っていたんですが、1st写真集という貴重な機会だし、せっかくならあまり行く機会のない場所にしようと、フランスで撮影させてもらいました。

――フランスのパリと北部・ノルマンディーで撮影されたそうですが、その土地は壱馬さんにとってどういう場所なんですか?

川村:ノルマンディーはスタッフさんに提案していただいたんですが、パリは長年行ってみたいと思っていた土地の1つでした。僕は普段、ファッションのお仕事などもさせていただいているんですが、有名なファッションブランドは本社がパリにあることが多いんです。それでずっとパリが気になっていました。あと、もともと、イギリスとフランスを移動しながら撮影するのがいいんじゃないかっていう案もありまして。イギリスの王国感と言いますか、城の雰囲気を活かしたカットも撮影したいと思っていたんです。個人的にも、イギリスは僕の好きなアニメの聖地なので。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(読書)

ジャンル