top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「9ボーダー」“コウタロウ”松下洸平にハマる視聴者続出 「“沼”な匂いしかしない」「ほわほわした役が最高過ぎる」

エンタメOVO

 川口春奈が主演するドラマ「9ボーダー」(TBS系)の第1話が、19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 本作は、19歳、29歳、39歳…各年代のラストイヤー“9ボーダー”の3姉妹がモヤり、焦りながら自分の生きる道を模索するヒューマンラブストーリー。

 飲食業のトータルプロデュース会社で働く29歳の大庭七苗(川口)は、最年少でブランド戦略部の副部長に抜擢された、仕事ができるしっかり者。しかし、キャリアアップによって雑務が増え、大好きだったクリエイティブな仕事から遠ざかってしまった。さらに、恋愛からも遠ざかっており、気付けば周りがみんな結婚して家庭を持つ状況に、やりきれなさを抱えていた。

 そんな中、実家で銭湯を営む七苗の父が失踪した。それを機に、夫と別居生活を送る39歳の長女・六月(木南晴夏)と、高校卒業後、目標もなく過ごしている19歳の三女・八海(畑芽育)、そして29歳の七苗という大台目前の3姉妹が1つ屋根の下に集結し、父の行き先に思いを巡らせる。

 こうした中、七苗はバルで働くコウタロウ(松下洸平)に出会う。ある事情を抱えているコウタロウを最初は不思議に思う七苗だったが、次第に心ひかれていき…。

広告の後にも続きます

 終盤では、七苗とコウタロウが一緒に夜桜を見に行く展開に。そこで不安や葛藤を口にする七笛に、コウタロウは「大丈夫。すてきな人だから幸せになるよ、きっと」と言葉を掛ける。七笛が「なれるかな? 1人で? 好きな人もいないのに」と打ち明けると、コウタロウは「じゃあ、俺のこと好きになっていいよ。俺もきっと君を好きになる」と伝え、七笛の手を取り、恋人つなぎをするシーンでエンディングを迎えた。

 放送終了後、SNS上には、「『9ボーダー』面白い。川口春奈ちゃんがかわいいし、葛藤する気持ちが分かる」「グサグサ来た。29才も39才の気持ちも分かる。目標にしたい人も近くにいなくて、自分がどうなりたいかも、何が幸せなのか分からない」などの感想が投稿された。

 また、コウタロウを演じる松下について、「松下洸平くん、今回も役にマッチしていてキュン」「『9ボーダー』の松下洸平…沼」「松下洸平がたまらん。俺のこと好きになっていいよ。俺もきっと君を好きになるってヤバい」「松下洸平のほわほわした役が最高過ぎて、めちゃくちゃ悶えてる」「『9ボーダー』の松下洸平が好き過ぎる。沼な匂いしかしない」といった反響が多く集まった。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル