top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ジャイアンツ・李政厚が本拠地1号本塁打 3戦連続マルチ&11試合連続安打マーク

ベースボールキング

ジャイアンツ・李政厚が本拠地1号本塁打 3戦連続マルチ&11試合連続安打マーク(C)ベースボールキング

○ ジャイアンツ 7-4 ダイヤモンドバックス ●
<現地時間4月20日 オラクル・パーク>

 サンフランシスコ・ジャイアンツが同地区ダイヤモンドバックスに勝利。李政厚(イ・ジョンフ)外野手(25)は「1番・中堅手」でフル出場し、本拠地での初本塁打を放った。

 ダイヤモンドバックス先発はエースのゲーレン。1点先制を許し迎えた初回の第1打席、カウント1-0から高めのフォーシームを完璧に捉え、右翼スタンドへ2号ソロ。本拠地オラクル・パークでは初めての本塁打で同点に追いつくと、ジャイアンツはさらに1点を挙げ、逆転に成功した。

 李政厚は、8回裏の第4打席で左翼線へ適時二塁打を放ってダメ押しの追加点。この試合は5打数2安打、1本塁打、2打点の活躍で3試合連続のマルチ安打をマーク。一時は2割ジャストまで打率が低下したが、現在は11試合連続で安打を記録しており、今季成績は打率.289、OPS.728となっている。

 ジャイアンツは今季3連勝中だったゲーレンを攻略し、9安打、5得点を記録。正捕手パトリック・ベイリーが4打数4安打、1本塁打、3打点の大活躍で、守備ではブルペン5投手の無失点リレーをリードした。ジャイアンツは再びダイヤモンドバックスに並ぶ地区3位に浮上。首位ドジャースまで1.5ゲーム差に迫っている。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル