top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

もっとエンタメ

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセットと、愛すべき音楽の力によって100エーカーの森にこれまでにないいのちを吹き込む日本初上演となる本作。公演アンバサダーを務める福尾誠に本作の魅力を聞いた。

-公演アンバサダーに就任しましたが、アンバサダーとしてどのような活動をしていきたいですか。

 とにかく僕はディズニーもプーさんも大好きなので、自分の口からディズニーとプーさんの魅力を伝えることができるということがまず、幸せでありがたいことですし、責任を持って伝えたいです。今回ミュージカルという形なので、このミュージカルの魅力を1人でも多くの人に伝えられたらいいなと思っています。

-ディズニー作品のどんなところが好きですか。

 ディズニー作品には、夢がありますよね。日常の中に非日常があって、非日常の中に日常があるという世界観がすてきだなと思います。登場人物たちはそれぞれが思いを持って生きていると思いますが、誰の心にも刺さるものがあるのがディズニーの魅力だと感じています。世界中の人たち共みんなが夢を持てる世界観が広がっているというのは、本当にすごいことですし、きっとそんなディズニー作品に助けられている人もたくさんいると思います。

-では、「くまのプーさん」の魅力は?

 プーさんと仲間たちがかわいい! それに尽きると思います。100エーカーの森の中で繰り広げられる仲間たちとの友情や愛、楽しくておもしろい日常が描かれているのが魅力だと思います。

-今回は、そんな「くまのプーさん」がミュージカルとなりました。ミュージカルならではの面白さはどんなところにあると思いますか。

 ミュージカルでは、例えばテレビや映画などを見ているときと違って、画面という壁がないんですよ。目の前でプーさんたちが遊んでいる姿を感じることができます。音楽や歌もダイレクトに入ってきますし、プーさんの…

 
   

ランキング(くらし)

ジャンル