top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

テレビ界「未曾有の放送事故」〈核心直撃〉NHK党・立花孝志が放った「テレビは核兵器に勝る武器」

アサ芸プラス

「NHK党(現・みんなでつくる党)」の立花孝志氏(56)が生放送での討論中にその発言を強制的に打ち切られたのは、テレビ朝日系「報道ステーション」での一幕だ。その舞台裏を本人に直撃すると––。

 立花氏は22年6月16日放送の「報ステ」の参院選党首討論に別スタジオから生出演した。「安全保障」をテーマに各党首が激論を交わす中、「テレビをご覧の皆さん、テレビは核兵器に勝る武器です。テレビは国民を洗脳する装置です。テレビは国民が知るべき真実を隠しています」と訴えた。結果、テーマから逸脱したとして強制終了。無人の画面がテレビに映し出される事態となった。

 そもそも自民党などとは違って、不公平に短い1分間で国防についてしゃべれと言われたら〝テレビがいちばん危険〟ということを表現するしかなかった。道義上、国政政党の党首の発言内容については有権者が判断することであって、テレビ局が判断するものではないと思います。テレビ局にとって都合の悪いことを言う人はテレビに出さないぞと。これは圧力ですよね。一方で、インパクトを与えるという意味では、予定通りではありました。放送をご覧になった方はまさに「テレビは国民を洗脳する装置」ということが、立花の言う通りだと思ったことでしょう。

広告の後にも続きます

 立花氏は同日放送の「news23」(TBS系)にも出演。当時、NHK党に引き入れたガーシーが糾弾していた、淫行疑惑のあった俳優の名前を事前にツイッターで挙げて〈その俳優を主人公とする連続ドラマを放送しようとしているテレビ局があるんです〉などとして、番組でも言及することを予告した。

 TBSの方は収録だったので事前の打ち合わせもなかったですし、発言も止められなかったのですが、編集して出したようですね。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル