top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

PK戦までもつれた激闘を制したセルティックが2年連続の決勝進出!【スコティッシュカップ】

超ワールドサッカー

セルティックは20日、スコティッシュカップ準決勝でアバディーンと対戦し2-2で120分が終了。その後、PK戦を6-5で制したセルティックが決勝進出を決めた。

準々決勝でリヴィングストンを前田大然のハットトリックなどで下した前回王者のセルティックが、2年連続の決勝進出を懸けてアバディーンのホームに乗り込んだ一戦。

セルティックはこの試合、FW古橋享梧とMF旗手怜央がスタメン入り、MF岩田智輝はベンチスタートとなり、負傷中のFW前田大然はDF小林友希と共にベンチ外となった。

セルティックは開始早々の2分に失点を許す。クラークソンのスルーパスでDFの裏に抜け出したミオフスキがそのままボックス内まで侵入。飛び出したGKとの一対一を制し、ゴールネットを揺らした。

先制を許したセルティックだったが、21分に古橋のハイプレスから同点弾が生まれる。最終ラインでバックパスを受けたマクドナルドに素早くプレスをかけた古橋がボールを奪うと、そのままドリブルでカウンター。ボックス内から放ったシュートはガーテンマンのブロックに阻まれたが、こぼれ球をキューンがゴールに流し込んだ。

同点で迎えた後半、立ち上がりからボールを保持するものの、なかなか攻め切れない状況が続くセルティックは、62分にヤン・ヒョンジュンとC・マクレガーを下げてフォレストと岩田を投入。すると直後の63分、バイタルエリア左でボールを受けたフォレストがカットインから右足を振り抜くと、狙いすましたシュートがゴール右隅に吸い込まれた。

70分に古橋を下げたセルティックは、80分にロングボールでDFの裏に抜け出したミオフスキのラストパスからホイレットに決定機を許したが、シュートはゴール左に外れて難を逃れた。

その後、セルティックは86分に旗手とキューンを下げてベルナルドとパルマを投入。このまま逃げ切るかと思われたが、90分にボックス左から侵入したホイレットのクロスをソクラーにヘディングで叩き込まれ、土壇場で試合を振り出しに戻された。

2-2のまま突入した延長戦もセルティックがポゼッションでアバディーンを圧倒する。すると延長前半追加タイム1分、味方のスルーパスでボックス右深くに抜け出したアリスター・ジョンストンの折り返しをオライリーがワントラップから左足でゴール右を射貫いた。

このまま試合終了かと思われたが、セルティックは試合終了間際の119分にホイレットの左クロスからマクドナルドにヘディングシュートを流し込まれ、再び試合を振り出しに戻された。

延長戦でも決着が付かずに迎えたPK戦では、5人目のハート以外の7人が成功したセルティックに対し、アバディーンは4人目のダンカンと7人目のフィリップスが失敗。この結果、連覇を狙うセルティックが2年連続の決勝へ駒を進めた。

5/1~いよいよベスト4!
CL、ELはWOWOWで放送・配信!
>放送予定など詳しくはこちら
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル