top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

STU48ドラフト3期生コンサート〜菜の花が咲いた日〜(沖侑果 卒業セレモニー)レポート

KING RECORDS TODAY

2018年1月に東京都・TOKYO DOME CITY HALLで行われた第3回ドラフト会議でSTU48に加入した沖侑果。選ばれた当初「ずっとSTU48さんを希望していて、会場にいる誰よりもSTU48さんのファンだと思っているのでこれからグループに貢献できるように頑張っていきたいです。」とコメントするなど初々しい姿を見せて以来、STU48に加入してからの約6年間は宣言通りグループにに貢献してきた沖の最後の舞台「STU48 ドラフト3期生 コンサート〜菜の花が咲いた日〜(沖 侑果 卒業セレモニー)」が開催された。

2019年STU48 2ndシングル『風を待つ』のカップリング曲としてドラフト3期生のために書き下ろされた『やがて 菜の花が咲く頃』からスタートすると客席は菜の花色のペンライトカラーの花畑ができた。冒頭の挨拶では早速、沖と中村の恒例の喧嘩が勃発か?と思わせるトークが繰り広げられ客席からは笑いが起こったが、続いて沖と中村で披露した『思い出のほとんど』では涙を堪えきれない中村の肩を抱く沖の姿に客席は感動の渦に巻き込まれた。



アンコールでは同期で卒業生の溝口亜以子、由良朱合も登場し5人でドラフト3期生時代の課題曲『ここがロドスだ、ここで跳べ!』ドラフト3期生の楽曲『やがて 菜の花が咲く頃』を披露。沖が「この楽曲は初めていただいたオリジナル楽曲であり、今日のコンサートタイトルにもなった、とても大切な曲なんですが、5人揃ってファンの方の前で披露したことはないので今日が最初で最後になります。こうして5人全員で皆様の前で披露できて本当に嬉しいです。」とコメント。



後半の卒業ブロックでは同じドラフト3期生でNMB48の山本望叶がゲスト出演し、ドラフト会議の時に同じチームで披露した『思い出せてよかった』を披露した。『笑顔のチャンス』ではかつての瀬戸内PR部隊Season2のメンバーだった卒業生の吉崎凜子が、そして『桜の木になろう』では先日卒業したばかりの今村美月がそれぞれ出演。今村美月との歌唱では今まで笑顔だった沖も緊張がほどけたかのように大粒の涙を流した。



卒業セレモニーでは純白のドレスに身を包んだ沖がステージ中央に立ち『僕はこの海を眺めてる』をソロで歌唱。信濃からの手紙では「心が折れそうになった時も一緒にいてくれて、いつも一緒にいることが当たり前になっていて卒業を聞いた時、驚きと同様で理解が追いつかなかったです。侑果ちゃんがいる間に3人で選抜メンバーに選ばれて嬉しかったです。沢山待たせてごめんね。ずっとずっと待っていてくれてありがとう。もっともっと一緒にいたかったです。何かあったら夜中でも連絡してください。気持ちだけは東京に駆けつけます(笑)。これからもずっとずっと大好きだよ。」と綴られた。中村からは「初めてお手紙を書きます。喧嘩することが多く、この6年間お互いお手紙の依頼を断ってきていました。やっと書ける日が来ました。自分のやりたいことが明確で前を向いている沖ちゃんはとても輝いています。第1印象がよくなかった2人。いつの間にか沖舞と呼ばれる仲になれ喧嘩もするようになりましたが、今では8ヶ月間も口を聞かなかったこと、今更になってもったいなかったなと思っています。私たちは、いろんな感情が邪魔をして距離が近すぎたり遠くなったり、忙しい2人だったなと思います。すれ違うこともあったけど、今では唯一無二の存在です。ここまで大好きになれる人、これから先も見つからないです。私を成長させてくれてありがとう。沖ちゃんのこと大好きです。新しい世界へ、挑戦しようとしている沖ちゃんはすごいです。いつでも沖ちゃんの味方です。離れていても心は一つです。今まで本当にありがとう。」とのメッセージが伝えられた。

沖のスピーチではSTU48への思いと今後の目標、そしてファンの方々とSTU48関係者への感謝と幸福を願う言葉が語られた。「最後はみんなで元気に笑顔で終わりたいと思います。」と『GIVE ME FIVE!』を歌唱して全30曲のパフォーマンスを終え、同期の絆を感じさせる感動に会場が盛大な拍手に包まれる中、「STU48 ドラフト3期生 コンサート〜菜の花が咲いた日〜(沖 侑果 卒業セレモニー)」は幕を下ろした。


沖 侑果 卒業スピーチ




ドラフト3期生コンサートを開催していただいて、その中でこうしてSTU48のメンバーと一緒に卒業ブロックや卒業セレモニーを開催していただき本当に嬉しく思います。有難うございます。自分のSTU48 の人生を振り返っていこうかなと思います。

18歳で加入してから今日まで本当にいろいろなことがあったなと思います。18歳の時に私がSTU48に加入しようと思ったきっかけは、自分の中で学校生活があまり上手く行っていなかったことが一つあって、人の目を見て話すのが急に怖くなった時期があり、家に引き籠ることが多くなりました。その環境から抜け出したいと思う一心でSTU48のオーディションを受けました。でも、加入してからの活動は自分がいた環境よりもさらに大変で、ダンスも歌も未経験で加入したし、人との接し方もそんなに上手じゃないのに入ってしまって、最初の1~2年はファンのみなさんに心配をかけるような行動や言動だったり、本当に問題児だったんじゃないかなと思います。でもだんだんとSTU48の素敵なメンバーと活動していくうちに、努力することにも慣れていったし、ステージがどんどん楽しくなっていったし、本当にこの場所で今までできなかった青春を経験させていただきました。私は本当にSTU48が大好きで、楽曲もそうですけど、とにかくメンバーの皆が大好きで生意気なのにすごく優しくしてくれる先輩方、そして一緒にいろんなことを乗り越えた同期のみんなと、気さくに話しかけてくれたり遊びにいってくれる後輩の皆がいたからこそ私はここまで活動を続けて来れたんじゃないかなと思います。

そして何よりも、私を今日まで支えてくださったファンのみなさまのおかげで私はここまで歩いてくることができました。王道のアイドルのようにはなれなかったんですけど皆さんの心と記憶に残るそんなアイドルになれていたらいいなと思います。STU48を今日で卒業することは本当に寂しいし、卒業撤回しちゃおうかなとか今日は何回も思ったんですけど、でも私は新しいSTU48をみなさんと同じ立場で客席から応援していきたいなと思います。そして私はこれから先、どうなるかはわからないけど、芸能の道に進みたいなと思っています。自分の目標をたくさん叶えたあとに、今のSTU48と共演できたらいいなと思います。それが今の目標です。本当に6年間今日まで支えて下さったファンのみなさん、そして、今日まで一緒に活動してくれたメンバーのみんなのおかげで私は本当に自分の中で後悔のないSTU48人生を歩むことができました。

今日まで本当に有難うございました。STU48のメンバーとスタッフさんと、そしてファンのみなさまが幸せになるのを私は心の底から祈っています。また元気で会える日を楽しみにしています。本日は本当に有難うございました!





STU48 ドラフト3期生コンサート〜菜の花が咲いた日〜(沖 侑果 卒業セレモニー)セットリスト
M1.やがて 菜の花が咲く頃
M2.息をする心
M3.オネストマン
M4.ロマンスかくれんぼ
M5.渚のCHERRY
M6.スカート、ひらり
M7.#好きなんだ
M8.出航
M9.愛しさのdefense
M10.だらしない愛し方
M11.Two years later
M12.キリギリス人
M13.今日は負けでもいい
M14.僕のYELL
M15.ジワるDAYS
M16.ひまわりのない世界
M17.思い出のほとんど
M18.抑えきれない衝動
M19.風を待つ
M20.君は何を後悔するのか?
EN1.ここがロドスだ、ここで跳べ!
EN2.やがて 菜の花が咲く頃
卒1.非全力
卒2.好きになれただけで幸せだ
卒3.ツンデレ!
卒4.思い出せてよかった
卒5.笑顔のチャンス
卒6.桜の木になろう
卒7.僕はこの海を眺めてる
卒8.CIVE ME FIVE!
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル