top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ユールゴーデン小山史乃観が2試合連続ゴール!開始早々の先制点に幻弾と攻撃牽引

超ワールドサッカー

ユールゴーデンのU-20日本女子代表DF小山史乃観が再び結果を残した。

19日、ダーム・アルスヴェンスカン(スウェーデン女子1部)第2節でノーショーピングと対戦。[4-2-3-1]のトップ下で先発しフル出場した小山は、9分に先制ゴールを挙げた。

テレーズ・オースランドのスルーパスに抜け出してボックス内へ侵入した小山は、対峙相手をかわしての反転左足フィニッシュを沈め、試合を動かした。

開幕戦に続いて2試合連続ゴール。追い付かれたのちの39分にもネットを揺らすも、こちらは微妙なオフサイド判定によりゴールは認められなかったが、ボールは集まり、攻撃の中心として存在感を示している。

なお、試合は両者が後半に1点ずつを加え、2-2の引き分けに。ユールゴーデンは連勝こそならなかったが、敵地から勝ち点を持ち帰ることとなった。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル