top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

日比野ペア 逆転負けで決勝逃す

テニス365


準決勝で敗れたカラシニコワ/日比野ペア
画像提供:Open Capfinances Rouen Métropole/Maxime Le Pihif

女子テニスのオープン・キャップファイナンス・ルーアン・メトロポール(フランス/ ルーアン、室内クレー、WTA250)は20日、ダブルス準決勝が行われ、日比野菜緒/ O・カラシニコワ(ジョージア)組はN・ベインズ(イギリス)/ M・ランスデン(イギリス)組に6-4, 2-6, [6-10]の逆転で敗れ、決勝進出とはならなかった。

>>シフィオンテクvsルバキナ 1ポイント速報<<

>>ガルシアらWTA250ルーアン組合せ<<

日比野とカラシニコワは昨年8月のライブスポーツ・プラハ・オープン(チェコ/プラハ、ハード、WTA250)でツアー優勝を飾っており、ペアを組んで出場するのは今季初。今大会では1回戦で第1シードの加藤未唯/ M・ニクレスク(ルーマニア)組を逆転で下すと準々決勝ではA・ルス(オランダ)/ M・シェリフ(エジプト)が試合前に棄権したため4強入りを決めた。

この日の第1セット、3度のダブルフォルトを犯した日比野/カラシニコワ組は2度のブレークを許す。それでもリターンゲームでは5度のブレークチャンスを掴むとそのうち3度をものにし先行する。

しかし、続く第2セット、日比野/カラシニコワ組はサービスゲームを1度もキープできず4度のブレークを許す。リターンゲームでは2度のブレークしか返せず、1セットオールに追いつかれる

迎えた10ポイントのマッチタイブレーク、一進一退の展開となるも5-6の場面から2ポイントを連取されると1度目のマッチポイントをものにされ、1時時間20分で力尽きた。

勝利したベインズ/ ランスデン組は決勝で第2シードのT・バボス(ハンガリー)/ I・クロマキワ組と対戦する。バボス/ クロマキワ組は準決勝でS・M・シャラン(イギリス)/ K・ピテール(ポーランド)組を6-2, 6-2のストレートで下しての勝ち上がり。

[PR]4/15(月)~21(日)「男子テニスATPツアー500 バルセロナ」
4/24(水)開幕「男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード」
WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■WOWOWオンデマンドはこちら>



 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル