top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「出ていない時も、彼はすごく仕事をしていた」1Aで躍動した鎌田大地に同僚のブラジル代表FWが賛辞!「カマダは献身的だった」

SOCCER DIGEST Web

「出ていない時も、彼はすごく仕事をしていた」1Aで躍動した鎌田大地に同僚のブラジル代表FWが賛辞!「カマダは献身的だった」(C)SOCCER DIGEST Web
 ラツィオの鎌田大地は4月19日に開催されたセリエA第33節ジェノア戦で先発フル出場。ルイス・アルベルトの決勝点をアシストし、1-0の勝利に大きく寄与した。

 67分、フェリペ・アンデルソンにボールを預けた鎌田はボックス内に走り込み、ブラジル代表FWからのリターンパスを折り返す。このラストパスをルイス・アルベルトがゴールに突き刺した。

 ラツィオ専門サイト『cittaceleste』によると、見事なスルーパスでプレアシストをしたF・アンデルソンは、「カマダは来て1年だが、すぐに献身的だった」と賛辞を寄せた。
【動画】伊メディアが絶賛した鎌田の絶妙アシスト
「出ていないときも、彼はすごく仕事していた。これは僕らが団結したグループで、すべての試合で勝利を望んでいることを示している」

 マウリツィオ・サッリ前監督の下では出番に恵まれなかった鎌田だが、イゴール・トゥドール体制になってからは立場が激変。レギュラーとして起用されている。

 それでも、ラツィオとの契約が1年の鎌田は、延長オプションを行使せず、夏に再びフリーで移籍する意向とも言われる。トゥドールから信頼され、得点と勝利に関与するようになり、確かな地位を手にしつつあるのは確かだ。それでも、また移籍の道を選ぶのか。選択に注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!
 
【記事】カマダは並外れた選手だ」決勝点アシストの鎌田大地をラツィオ指揮官が称賛!「働き者でプロフェッショナルだ」

【記事】「大混乱を引き起こした」絶妙アシストの鎌田大地、伊メディアが最高評価で絶賛!「日本人がやって来た」
 
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル