top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

犬にとって『危険な観葉植物』5つ 食べると命に関わることも…部屋に絶対置いてはいけない理由とは

わんちゃんホンポ

もし誤って食べてしまった場合、嘔吐や下痢を引き起こしたり触れるだけでも皮膚炎を発症してしまいます。また大量に摂取すると、命に関わる危険もあるので絶対に置かないようにしましょう。

5.モンステラ

モンステラは、大きな葉に綺麗な切れ込みが入っているスタイリッシュな観葉植物です。しかし、モンステラには不溶性シュウ酸カルシウムが含まれています。

したがって、誤食してしまうと嘔吐や下痢といった消化器症状や、触れた部位(唇や舌、喉など)の炎症を引き起こす危険性があります。

犬にとって安全な観葉植物は?

犬を飼っている場合でも、当然ながら部屋に置ける観葉植物もあります。犬にとって安全な観葉植物の代表は以下の通りです。

パキラ ガジュマル テーブルヤシ エバーフレッシュ ベンジャミン カモミール

これらは誤って摂取してしまった場合も健康に悪影響を及ぼしにくいです。

広告の後にも続きます

もちろん、大量摂取してしまうと体調不良を起こす恐れがあるので、観葉植物を置く場合は犬がイタズラしないよう対策を講じましょう。

まとめ

いかがでしたか。犬にとって危険な観葉植物を置いてしまうと、さまざまなリスクが考えられます。今回紹介した犬にとって安全な観葉植物を選び、愛犬にとって危険な事態を招かないよう配慮しましょう。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル