top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

犬にとって『危険な観葉植物』5つ 食べると命に関わることも…部屋に絶対置いてはいけない理由とは

わんちゃんホンポ

置かないで!犬にとって『危険な観葉植物』5つ

インテリアの一環として部屋に観葉植物を置いているご家庭は多いでしょう。しかし犬を飼っている場合は、部屋に置く観葉植物に注意しなければなりません。ここでは、犬にとって『危険な観葉植物』とその理由を紹介します。

1.ポトス

ポトスは一般的な家庭で観葉植物として育てられることの多い植物です。しかし犬がいるご家庭では、犬の健康を害してしまう恐れがあるので置くべきではありません。

ポトスにはシュウ酸カルシウムが含まれています。そのため、茎や葉から出る液体に触れてしまうだけでも皮膚炎を起こしたり、誤飲してしまうと下痢、嘔吐、呼吸困難に陥ることもあり大変危険です。

2.アイビー

アイビーも育てやすい観葉植物として人気ですが、歯と茎の部分に「サポニン」という有毒成分が含まれているので、誤って噛んだり飲み込んだりする恐れのある犬には危険です。

もしも食べてしまった場合には、大量のよだれや嘔吐、下痢を引き起こし、最悪の場合は呼吸困難や神経系の異常を来す恐れがあります。また、目に入ってしまうと痛みを感じることもあるので注意が必要です。

3.ドラセナ

広告の後にも続きます

ドラセナは「幸福を呼ぶ木」として縁起の良い観葉植物として人気です。しかし、ドラセナも最近では犬に異常を来してしまうため、危険な植物として認知されるようになりました。

残念ながら、ドラセナの有毒成分は現段階で解明されていません。実際に食べてしまった犬は嘔吐や下痢、大量のよだれを垂らすなどの症状が見られ、大量に摂取してしまうと命を落とすという報告事例もあります。

4.ポインセチア

ポインセチアは、クリスマス時期になるとお部屋に飾るご家庭が増える観葉植物です。鮮やかな赤が美しい植物ですが、フォルボールという毒を有していることでも有名です。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル