top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「漢気トーナメント」出場の髙橋亮が「優勝して大雅を振り向かせる」と宣戦布告【RISE177】

TOKYO HEADLINE

「RISE177」(4月21日、東京・後楽園ホール)の前日計量が4月20日、都内で開催された。急きょ開催となった「漢気トーナメント」に出場する4選手はそろって規定体重をクリアした。

 今大会では当初、王者・中野椋太(誠至会)に稲井良弥(TARGET)が挑戦する「RISEウェルター級(−67.5kg)タイトルマッチ」が行われる予定だったのだが、稲井が左裂孔原性網膜剥離によりドクターストップで欠場となったためタイトル戦は中止に。それに伴い、勝次(TEAM TEPPEN/WKBA世界スーパーライト級王者、第7代新日本キックボクシング協会ライト級王者)vs 岩郷泰成(EX ARES/同級7位)と髙橋亮(TRIANGLE/第8代NKBバンタム級王者、第16代NKBフェザー級王者)vs パヌワット・TGT(タイ/TARGET/PPTV 60kg王者)のスーパーフェザー級の2試合を準決勝としたワンデイトーナメントを開催することとなった。

 先だって行われた会見ではトーナメントの優勝者には賞金100万円とビッグマッチへの出場権が与えられることが発表されたのだが、この日の会見でRISEの伊藤隆代表は「明日の優勝者は“初代漢気王”という形になる。賞金とビッグマッチへの参戦決定。もう一つ後楽園ホールでの強豪外国人との対戦もプラスアルファとして追加したい。その理由は、来年に向けて60kg前半でワールドシリーズを開催したいと思っている。その予選として参戦していただきたいと思っている」と「初代漢気王」の称号と世界トーナメント参戦に向けての予選への出場を約束した。

 準決勝第1試合に出場する岩郷は「明日は急きょトーナメントになって、優勝候補が普通に優勝するだけのトーナメントだったら面白くないんで俺が荒らしたろうかなと思っているんで、楽しみにしていてください」と腕を撫す。対戦相手の勝次については「僕がプロデビューした時からメインでやってた選手。オーラがあるかと思ったがそんなことはなく。色が黒いくらい」とさらり。そして「明日は自分の殻をとりあえず破る。試合で行き切れてないところがあるので、明日は殻を破って一から倒しに行く」と“対戦相手より自分”の姿勢を見せた。

 対戦する勝次は「明日は急きょトーナメントになったんですが、王者がいないという興行の中でこう決まったので、中堅の僕らがやるしかないなと思って引き受けました。明日は試合で盛り上げたい」とこちらも静かに闘志を燃やす。岩郷については「相手がどうこうは関係ない。しっかりフルスイングでKOしたい」とKO宣言。勝次はかねてから「真空飛びヒザ蹴りを炸裂させる」と宣言。いまだに実現していないのだが「あれ難しいですよね(笑)。なかなかできないんですが、チャンスがあれば真空飛びヒザ蹴りを出したいと思う」とも語った。また「やっとRISEルールに慣れてきた。今回、那須川会長がセコンドについてくれるというのは僕の中で一番大きいので、本領を発揮できるかなと思う」と力強い援軍の存在も明かした。

広告の後にも続きます

 準決勝第2試合に出場するパヌワットは2019年の直樹戦以来、約5年ぶりのRISE参戦。「正直にいうと長期間試合をしていないので、すごく緊張しているが明日は全力を尽くして精いっぱい戦いたい。(高橋は)少し怖いというか、やはり強い選手だけあって強い印象を受けた。しばらく試合をしていないのは同じだと思うので、いい試合ができると思う」などと語った。

 対する髙橋はNKBバンタム級とNKBフェザー級の2本のベルトを獲得した実力者。今回がRISE初参戦となる。2022年3月の「RIZIN.34」の大雅戦のドローを最後にヒザの手術により休養し、約2年のリハビリ期間を経て、今回が復帰戦となる。「急きょトーナメントになったんですが、僕は王者の大雅を倒すためにRISEに来たので、大雅がビビるような内容で圧倒的に優勝したい」と優勝宣言。パヌワットについては「向かい合ったときに気合が入っているような感じの目をしていた。明日は楽しく面白い試合ができそう」と油断はないが「引き分けだったのもあるし。前回、“日本人では戦いた相手がいない”と言っていた。俺のことを忘れているので、圧倒的に優勝して大雅を振り向かせてやろうかなと思っている」とトーナメント優勝の先に現RISEスーパーフェザー級王者の大雅との再戦を見据えた。

「RISE177」(4月21日、東京・後楽園ホール) ◆メインイベント(第11試合) スーパーフェザー級(-60kg)漢気トーナメント決勝戦 3分3R延長2R 準決勝①勝者 vs 準決勝②勝者 ◆セミファイナル(第10試合) バンタム級(-55kg)3分3R延長1R 良星(KSR GYM/同級5位)vs 京谷祐希(TEAM TEPPEN/同級6位) ◆第9試合 フェザー級(-57.5kg)3分3R延長1R 宮崎就斗(TARGET/同級8位、第2代DEEP☆KICK -57.5kg王者)vs 山元剣心(PHOENIX/同級12位) ◆第8試合 ライト級(-63㎏)3分3R延長1R 田中陸登(拳狼会/ACCEL日本ライト級チャンピオン)vs 塩川琉斗(TOP STAR GYM/Stand Up King of Rookie 2022 -60kg優勝) ◆第7試合 ライト級(-63kg)3分3R 岩城悠介(RIKIX/元WPMF世界スーパーフェザー級王者)vs 奥山雅仁(OISHI GYM/CKC2023 -63kgトーナメント優勝、S-BATTLEライト級王者) ◆第6試合 バンタム級(-55kg)3分3R延長1R 彪司(TEAM TEPPEN/同級11位)vs 夏目竜雅(TRY HARD GYM) ◆第5試合 スーパーフェザー級(-60kg)漢気トーナメント 3分3R延長1R 髙橋 亮(日本/TRIANGLE/第8代NKBバンタム級王者、第16代NKBフェザー級王者)vs パヌワット・TGT(タイ/TARGET/PPTV 60kg王者) ◆第4試合 スーパーフェザー級(-60kg)漢気トーナメント 3分3R延長1R 勝次(TEAM TEPPEN/WKBA世界スーパーライト級王者、第7代新日本キックボクシング協会ライト級王者) vs 岩郷泰成(EX ARES/同級7位) ◆第3試合 ミニフライ級(-49kg)3分3R延長1R 宮﨑若菜(TRY HARD GYM/同級3位)vs 宮本芽依(KRAZY BEE) ◆第2試合 アトム級(-46kg)3分3R 辻井和花(BRING IT ONパラエストラAKK/KROSS×OVER GIRLS-KICK アトム級王者)vs 坂田実優(FASCINATE FIGHT TEAM) ◆第1試合 スーパーライト級(-65kg)3分3R 将太(KSS健生館/2022年RISE Nova 全日本大会 -70kg級トーナメント優勝)vs HENMI 9(東北AVANTI/第40回K-1アマチュア K-1チャレンジ Aクラス -70㎏トーナメント優勝)

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル