top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

福岡vs磐田…至高のエース対決は2-2ドロー、ザヘディとジャーメイン良が2発ずつ【明治安田J1第9節】

超ワールドサッカー

20日、明治安田J1リーグ第9節のアビスパ福岡vsジュビロ磐田がベスト電器スタジアムで行われ、2-2のドロー決着となった。

2勝4分け2敗で12位の福岡と、3勝5敗で13位の磐田。前節白星を逃した両チームが、雨が降りしきるなか、福岡ホームで激突した。

膠着した展開が続いたなか、30分に磐田がワンチャンスで先制。最終ラインからオーバーラップしたリカルド・グラッサが右サイドに展開し、松本昌也のクロスにジャーメイン良がファーからヘディング弾を叩き込んだ。

J1得点ランキング首位のジャーメインは今季8ゴール目。磐田1点リードとなってからも引き続き堅い展開が続くなか、磐田のエースは後半頭にも大仕事だ。

47分、藤原健介の右からのクロスに平川怜が頭から飛び込むと、福岡GK村上昌謙に弾かれたところへ詰め込んだのがジャーメイン。左足スライディングで豪快に蹴り込み、貴重な追加点と同時に、自身は今季9ゴール目だ。

アウェイで効果的に2ゴールを奪取した磐田だが、ホーム福岡も意地。58分に36歳ウェリントンを投入すると、さっそくウェリントン経由でゴールが生まれる。

福岡は60分、岩崎悠人のクロスをウェリントンがファーで折り返し、ゴール正面でボールを収めたのは新エース、シャハブ・ザヘディ。巧みなボールタッチで前を向き、腰をひねって左足シュートをゴール右隅に突き刺した。

今季途中加入の元イラン代表FWザヘディは6試合4ゴール。Jリーグ史上初のイラン人選手は、ストライカーとして随所で上手さが光るリーグトップ・オブ・トップの点取り屋だ。

ザヘディはさらに78分、敵陣で自ら相手のパスミスを拾うと、ボックス右まで持ち運び、リカルド・グラッサをかわして左足一閃。DFに当たってコースが変わり、ゴール左上へと吸い込まれた。これで6試合5ゴールだ。

エースがそれぞれ2ゴールの福岡vs磐田は2-2ドロー決着。ともに勝ち点3を積み上げれなかった悔しさは残るだろうが、ザヘディにジャーメイン、両者の存在の大きさを再確認する一戦となった。

アビスパ福岡 2-2 ジュビロ磐田
【福岡】
シャハブ・ザヘディ(後15、後33)
【磐田】
ジャーメイン良(前30、後2)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル