top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ピオリ監督との別れへ向かうミラン、リールのフォンセカ監督を高評価

超ワールドサッカー

ミランはステファノ・ピオリ監督の後任にリールのパウロ・フォンセカ監督(51)を検討しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。

ローマとのヨーロッパリーグ(EL)準々決勝を2戦合計1-3で終え、ベスト4ならずのミラン。2位につけるセリエAも宿敵インテルの優勝が決まりかけており、2019年からチームを率いるピオリ監督は今シーズン限りでの退任が予想されている。

ミラン首脳陣は複数の指揮官を後任として考えているようで、まず名前が挙がるのはボローニャをセリエAの4位に押し上げたチアゴ・モッタ監督(41)。しかし、こちらはマッシミリアーノ・アッレグリ監督の後任を探すユベントスと基本合意に達しているという。

また、有力候補とはいえないものの、元ウォルバーハンプトン指揮官でフリーのフレン・ロペテギ氏(57)にも接触を図ったとのこと。その一方、首脳陣が好んでいる選択肢の1つがリールのフォンセカ監督のようだ。

かつてローマでも指揮官を務め、2022年夏からはリールを率いているフォンセカ監督だが、クラブとの契約は今夏満了。同じリーグ・アンのクラブから特に多くの誘いを受けているという。

ミランはこのポルトガル人指揮官のリールでの実績や手腕を高く評価。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)ではアストン・ビラにPK戦の末に敗れてベスト8敗退となったが、リーグ・アンでは現在4位とチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争っている。

さらに、ミランの選手に合致する [4-2-3-1]を基本布陣としている点も好まれている模様。すでに代理人のマルコ・アブレウ氏や移籍を仲介する代理店と非公式に接触しているとのことだ。

5/1~いよいよベスト4!
CL、ELはWOWOWで放送・配信!
>放送予定など詳しくはこちら
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル