top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ザック・スナイダー監督、小麦畑を2つ作る 『REBEL MOON』農業シーンへのこだわり「絶対に必要なこと」

シネマトゥデイ

撮影のためなら畑だって作っちゃう! – 画像は『REBEL MOON - パート2:傷跡を刻む者』より

 黒澤明の名作『七人の侍』にインスパイアされて誕生した、ザック・スナイダー監督による2部作構成のSF巨編『REBEL MOON』。後編となる『REBEL MOON - パート2:傷跡を刻む者』では、劇中で描かれる農業シーンの撮影のためだけに、小麦畑を2つ作っていたことが明らかになった。

 銀河を支配する悪の帝国「マザーワールド」と、復讐のために立ち上がった主人公・コラ(ソフィア・プテラ)のもとへ集うアウトロー集団〈チーム・レベルズ〉の最終決戦を描く本作。前作『REBEL MOON - パート1:炎の子』以上にバトルシーンが多く含まれているが、スナイダー監督は「私にとっては、戦いへの過程や計画を構築することが全てです。あんな敵を相手に戦いを挑もうという大胆不敵さはもちろん、それを本物に落とし込む。レベルズの気持ちをどうすれば表現できるのか。チーム皆で美しく詩的な戦闘シーンを作ろうとしたわけです。戦闘シーンがただ単に戦いを見せるだけのものには絶対にしたくなかった。戦いの中に、そこにかける思いを失うことなく描きたかったのです」とバトルに至るまでの過程にも意識していたと語る。

 その過程の中で重要なことの一つが、農業のシーンだ。劇中では、コラの村に集まったレベルズたちが、村人と共に、帝国の軍勢の襲来に備えてチームワークを研ぎ澄まし、鍛錬し、生活を共にする描写が丁寧に描かれる。スナイダー監督は、役者の演技をリアルに見せるべく、約2万平方メートルと約1万平方メートルという巨大な畑を2つ作り、実際に小麦を栽培して撮影に臨んだ。

 「私にとって小麦畑を作ることは絶対に必要なことでした。果てしなく広がる小麦畑しかない地平線。収穫の時が来ると、役者たちが鎌で小麦を収穫し、束を作って結び、乾燥させ、麦の実ともみ殻を分け、撮影現場に作られた製粉機で小麦を挽くという一連のプロセスを、何日もかけて撮影しました。この作業を役者たち自身でやるという点は重要でした」

『REBEL MOON - パート2:傷跡を刻む者』キービジュアル

 レベルズや村人たちが農業を通じて交流を深めることで、のちに待つ決戦との向き合い方、連携、表情、そして“とある別れ”といった物語の全てにつながり、バトルシーンも深みが増す。スナイダー監督のこだわりについて、美術監督のシュテファン・デシャントは「こんなことをするなんてクレイジーでしたね(笑)! 小麦が成長するだけで120日かかるのに、これらのシーンを撮影するために大幅に超えるスケジュールを組むことはできないんです。私たちはみんな、“頼むよ、育ってくれ!”といつも祈っていました」と冗談を交えながら撮影を振り返った。

広告の後にも続きます

 パート1との違いついて、「村やそこに住む人々についてより深く掘り下げることで、彼らが何のために何を懸けて戦っていて、何を犠牲にせざるを得ないのか、知ることになります。そこはパート1との大きな違いですね」と説明したスナイダー監督。「“何のためなら命を懸けられるか”というのがパート2の中心となるコンセプト。本当の故郷も家族も失ってしまった主人公たちが、愛する何かを見つけていく。もう一度愛するものを見つけたいという彼ら共通の夢が、村を通じて叶えられていくのです」と熱心に語った。(編集部・倉本拓弥)

Netflix映画『REBEL MOON - パート2:傷跡を刻む者』独占配信中

 
   

ランキング(映画)

ジャンル