top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

永江朗「ベストセラーを読み解く」「背広組」VS「制服組」防衛省内部の確執を描く!

アサ芸Biz

 公安部門の警察官を主人公にした小説は珍しくないが、本作の主人公は防衛省情報本部・情報課長。インテリジェンスの最前線が、臨場感をもって描かれる。

 巻末のプロフィールによると、著者は某県警の外事課に籍を置き、国内外の情報機関の担当者と交流を持った経験があるという。また、警察庁では危機管理を担当したとのこと。警察と自衛隊では所轄官庁も異なるが、組織が異なるからこそ見える、あるいは書けることもある。

 主人公の井上と妻が出勤しようとドアを開けると、ハンバーガーチェーン店の紙袋が置かれている。不審物である。

 井上が警察に通報してパトカーが到着。爆発物の危険性もあるので、マンションの住人には避難が呼びかけられる。厳戒態勢の中、紙袋から出てきたのは人間の耳と血のついた1ドル札。ドル札には人間の眼球が包まれていた。

 これは何のメッセージなのか。耳と眼球の持ち主は誰なのか。

広告の後にも続きます

 井上には心当たりがあった。中国の情報機関、国家安全部である。「すべて見ている、知っている」というメッセージだ。

 このショッキングな幕開けから、中国の情報機関と日本の防衛省との熾烈な、しかし世間ではほとんど報じられることのないバトルが描かれる。

 井上の妻は防衛医大病院に勤務する医師だが、彼女と結婚する前、井上には婚約者がいた。しかし、北京市内で交通事故に遭って死去。そして10年後、この事故は国家安全部による計画殺人だということが、在日米軍の情報担当者から伝えられる。婚約者の暗殺と10年後の警告。国家安全部は次にどんな手を打ってくるのか?

 盗聴器を仕掛けられたり、スパイが発覚したり、次々と事件が起きる。元自衛官による元首相の暗殺事件など、現実の事件を想起させるエピソードも出てくる。

 筆者が興味深く読んだのは、防衛省幹部における制服組と背広組の確執である。防衛大学卒業生の制服組と、東大や京大などを出て国家公務員Ⅰ種のキャリア官僚である背広組。大臣官房や防衛政策局などには背広組が配置され、政治色の強い事案を背広組が担当する。これが制服組には面白くない。主人公の井上は制服組である。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル