top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『怪獣8号』の“凄さ”をアニメ制作陣から読み解く 美術と怪獣デザインのこだわりに注目

Real Sound

『怪獣8号』©防衛隊第3部隊 ©松本直也/集英社

 松本直也が描く漫画『怪獣8号』は2020年7月の連載開始以来、ネットを中心に大きな話題となり、コミックス第1巻のみで発行部数43万部を突破して、2020年度の「コミックス第1巻 年間売上ランキング」の1位に輝いた。「次にくるマンガ大賞2021」ではWeb部門1位を受賞。2023年3月時点でコミックスの累計発行部数が1,000万部を突破、2024年4月現在は1,300万部を突破(いずれも電子版含む)と、いずれも凄まじい大ヒットを記録している。既刊12巻が発売中の今まさに、満を持してテレビアニメ化を果たした。

参考:『怪獣8号』アニメ制作の想いと“KAIJU”文化をPに聞く

 巨大怪獣が災害の如く頻繁に日本を襲う中、怪獣を討伐する「日本防衛隊」の入隊を少年時代に目指していた日比野カフカは30代を迎え、夢を諦めて怪獣の遺体を片付ける清掃業「モンスタースイーパー」で働いていた。そんなある日、カフカの身体に異変が起き、怪獣に変身してしまう。“怪獣8号”という呼び名で追われる身となったカフカは、後輩の市川レノに促されるまま正体を隠して逃亡。現在は防衛隊の部隊長になっている幼馴染の亜白ミナに追いつくため、再び日本防衛隊の入隊を目標にするーーというのが、大まかなあらすじである。

 アニメ化が報じられて以来、2023年12月開催の「ジャンプフェスタ2024」で、アニメの声優陣が登壇するお披露目イベント、2024年3月はAnimeJapan『怪獣8号』スペシャルイベントに加え、全国30館のTOHOシネマズでテレビアニメ第1話、第2話の先行上映会と、大がかりな催しが次々行われた。その間にも様々な食品会社や外食チェーン、立川市とのコラボ企画も目白押しだ。これほどまでに制作陣が強力なプロモーションを打って出ているのも、それだけ作品の質に自信があるからに他ならない。

 まず注目ポイントのアニメーション制作会社だが、本編は『攻殻機動隊』シリーズや『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズ、それに現在、全国の映画館で大ヒット中の『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』を手がけているProduction I.G。そして怪獣デザイン&ワークスは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズを制作したスタジオカラーが担当している。アイジーといえば、2023年放送のテレビアニメ『天国大魔境』も記憶に新しい。アイジーとカラーがタッグを組む作品と聞いただけで、目ざといアニメファンならチェックせずにいられないだろう。

広告の後にも続きます

 監督は、池波正太郎原作の時代劇をアニメ化した『鬼平』の宮繁之と、アイジー制作の『PSYCHO-PASS サイコパス 3』(2019年)、『憂国のモリアーティ』(2020年)にスタッフ参加していた神谷友美が共同で務める。

 シリーズ構成と脚本は、『ルパン三世 PART5』(2018年)、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』(2022年)、『劇場版 SPY×FAMILY CODE:White』(2023年)と、大ヒット作品を送り出している大河内一楼。キャラクターデザインはアイジー制作の『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』(2004年)の西尾鉄也。西尾は『NARUTO -ナルト- 疾風伝』(2007年)のテレビシリーズと劇場版でもキャラデザインを務めており、海外でも人気の高いアニメーターだ。美術監督の木村真二は、多くの映画賞を獲得したアニメ映画『漁港の肉子ちゃん』(2021年)で、北陸の港町を味わい深い美術で描き出しているので、本作でも街並みの描き方に注視したい。

 怪獣まわりを担当するスタジオカラーの方からは、怪獣デザインとして前田真宏が参加している。リアルサウンドのインタビュー記事でTOHO animationの武井克弘プロデューサーが話している通り、前田は怪獣討伐シーンのイメージボードをはじめ、漫画にはないアニメだけの裏設定や、原作では名前がない怪獣のネーミングを考えるなど怪獣メインの本作の肝になる部分を担っている。(※)こだわりの多い庵野秀明総監督のもとで制作された映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(2012年)、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(2021年)の監督経験が本作にも活かされることだろう。

 第1話はテレビ放送と同時にX(旧Twitter)で本編の世界同時配信を行ない、オープニングテーマにヤングブラッド、エンディングテーマにはOneRepublicを起用し、文字通りパブリックな話題を仕掛ける『怪獣8号』。第2話では、先行上映会の舞台挨拶に登壇したファイルーズあい演じる四ノ宮キコルが登場し、気が強い超エリート少女のキコルとカフカがひと悶着ありそうな予感だ。カフカの怪獣8号としての正体がいつバレるかも含め、アニメ業界のエキスパートたちが集まった、先行きが楽しみなアニメである。

参考
※ https://realsound.jp/movie/2024/04/post-1629985.html
(文=のざわよしのり)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル