top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

“成功するメタバース”にとって必要なものとは? ヒット施策を手掛けるキーパーソン、往来・ぴちきょ×PONYOが語らう

Real Sound

往来・ぴちきょ×PONYO

 「メタバース」を筆頭に、拡大をつづけるバーチャルの世界。そんなバーチャルの世界には、現実世界同様にさまざまな「表現者」がいる。連載「Performing beyond The Verse」では、バーチャルにおけるありとあらゆる「創作」と「表現」にたずさわる人びとに話を伺っていく。第二回目は、株式会社往来の代表・ぴちきょ氏と、VRイベントプロデューサー・ディレクターのPONYO氏をお招きし、対談を実施した。

【画像】往来・ぴちきょ氏が横須賀市と手がけた「メタバースヨコスカ」

 一時、バズワード的な広がりを見せた「メタバース」という言葉。「AI」に取って代わられる一過性のものだと言われた時期もあったが、実際のところは堅調を維持している。最近とくに注目を集めるのが、企業・自治体の参入だ。

 しかし、こうした事例はときに成功例と失敗例の明暗差が際立ってしまう瞬間がある。話題の取り組みとして注目を集め、ユーザーの間「定番コンテンツ」として定着する取り組みもあれば、作ったはいいものの思うように集客ができず「ゴーストワールド化」してしまうものもある。こうした注目度の差が目に見えてしまうことは、メタバースのむずかしさのひとつだ。

 では、どうすればメタバース参入は成功するのだろうか? 数多くのクライアント案件を手がけ、ユニークなコンテンツ作りに定評のある往来・ぴちきょ氏と、バーチャルファッションショー『Voyage』や、MyDearestのVR音楽ライブなど、数多くのユーザー主体イベントを成功させてきたPONYO氏二名による対談を通して、“成功するメタバース”のカギを探る。

広告の後にも続きます

 前編では、企業と消費者たるユーザーの間にまたがるギャップについて考えながら、それぞれが担当した実例をもとに「成功への道筋」を紐解いていく。(浅田カズラ)

〈プロフィール〉
◆往来・ぴちきょ

スマホ周辺機器メーカー「Cheero」へ立ち上げから参加し『ダンボーバッテリー』などのヒット商品を手がける。2021年3月にVRメタバースマーケティングを中心とする株式会社往来を作り『VRと仮想空間』を出版。主な事業内容は『VRChat』を活用した企業World構築やイベントプロデュース。

◆PONYO

VRイベントプロデューサー/ディレクター。VRChat最大級のファッションショー『Virtual Fashion Collection “Voyage”』のディレクターを務め、その後VRアイドルフェス『CinderellaFes.』やゲーム会社主催の音楽フェス『MyDearestJAM 2024』など数々の大規模イベントを手掛ける。

■企業が“本当にメタバースでやりたいこと”とは?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル