top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

坂本真綾、『黒執事』の16年を経たいま声優業に思うこと 「最後に残るのは人の内面」

Real Sound

『黒執事 -寄宿学校編-』©Yana Toboso/SQUARE ENIX,Project Black Butler

 時は19世紀、英国。名門貴族ファントムハイヴ家の執事セバスチャン・ミカエリスと、13歳の主人シエル・ファントムハイヴが“女王の番犬”として裏社会の汚れ仕事に身を投じるアニメ作品『黒執事』が、7年ぶりに「寄宿学校編」として帰ってくる。

参考:『黒執事 -寄宿学校編-』気品溢れるP4の姿も

 新章の幕開けとなる舞台は、英国屈指の名門校・ウェストン校。セバスチャンとシエルは、この学び舎で起きた生徒失踪事件の真相を探るため、潜入捜査に乗り出す。

 シエル・ファントムハイヴを演じるのは、2008年の第1期から16年もの間、彼の声を紡ぎ続けてきた声優の坂本真綾だ。普段とは違う同世代の若者に囲まれた環境で、シエルはどんな表情を見せてくれるのか。前作の劇場版から7年越しの“シエルとの再会”を果たした坂本に、共演者への思いから、声優人生を支える哲学まで、黒執事とともにした16年間の歩みを聞いた。

■『黒執事』に帰ってきたと感じた瞬間

広告の後にも続きます

ーー今回のアニメ化の知らせを聞いた時の率直な感想から聞かせてください。

坂本真綾(以下、坂本):シエルを演じるのは劇場版『黒執事 Book of the Atlantic』以来になります。それからもう何年も経っていたので、また新しくテレビシリーズをやるとは思ってもみませんでした。原作が続いている人気作品なので、また映画とかの単発作品ならあるかもしれないとは思っていたんですが、テレビシリーズでやるというのは意外でした。だからこそ嬉しかったです。まだまだ黒執事を待ち望んでいるファンの方々も多いと思うので、みなさん喜んでいただけるのではないかなと。

ーー最初のテレビシリーズから数えると、16年が経ちました。

坂本:そうなんですよ。同じ業界で働く声優さんやアニメ関係のライターさん、アニメーターさんなど、いろんな方から、当時中高生だった時に『黒執事』を観ていて大好きだった、影響を受けた、好きなキャラはシエルだった……など言っていただく機会が増えてきて。そういうお話を通して時の流れを感じる一方で、『黒執事』が多くの方の記憶に残る作品になっていて、しかもそれがきっかけでアニメ業界で働きたいと思うまでに至ったというのは本当に嬉しく思います。

ーー本シリーズでは新たな面々が登場する中で、新キャラ以外のキャストは同じ顔ぶれが揃っています。

坂本:今回はスタッフもほぼ一新しているにもかかわらず、前作のキャストをそのまま使ってくださっているのは、本当にありがたいですね。作品は続いていくとは思っていたんですけど、自分がまたシエルとして呼んでもらえるかは本当に保証もないですし、新しいシリーズでやるとなったら、「キャストも一新してやってみよう!」ってこともあり得たと思うんです。監督もセバスチャンとシエルに関しては、「キャストの2人がよくわかっていると思うから、演技に関しては基本はお任せします」と最初におっしゃってくれて。もちろん個々のシーンでディレクションはありますけど、そのくらい信頼していただいているのは嬉しいですね。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル