top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

新宿駅の改札内でお茶漬けを食べた後、向かいの店を見て「冷静に考えたらヤバいな」となった

ロケットニュース24

いま、新宿駅の改札内がアツい。人が多くて暑苦しいという意味ではなく(それも若干あるが)、グルメスポットが誕生したという意味でアツい。

ちょっと前(2024年4月17日)にオープンした「イイトルミネ(EATo LUMINE)」である。先日公開した記事でも紹介したから覚えている人だっているかもしれない。

そのエリアの中に、お茶漬け&おにぎりの店がある。『お茶漬けおにぎり 山本山』といい、名前からわかる通り海苔の “山本山” の新業態だ。

山本山といえば、私(1981年生まれ)にとっては「上から読んでも山本山、下から読んでも山本山」というCMが真っ先に頭に浮かぶが、今の若い人は知らないだろうな〜。あのCMの海苔メチャクチャ高級感があって美味そうだったんだよな〜

……ってことを思い出していると、なんだか海苔茶漬けを食べたくなってきたので、店に入ってみることに。

広告の後にも続きます

メニューのラインナップとしては、海苔だく茶漬けが1200円、高菜明太茶漬けが980円、鮭いくら茶漬けが1300円、漬けマグロ茶漬けが1350円、炙りホタテと明太子のバター茶漬けが1500円、おにぎりセットが680円……という感じ。

お茶漬け&おにぎりをメインに据えている一方で、ビール(680円)&ハイボール(680円)やそれらに合うメンチカツ(500円)や唐揚げ(4個480円)も置いているところに注目である。飲めるお茶漬け屋って、冷静に考えたら攻めてるな。

ただ、私はとにかく海苔茶漬けが食べたかったので、オススメのマークがあった「海苔だく茶漬け」を注文した。ちなみに、ご飯の量は選べて大盛りでも無料。

そして数分後、出てきたのは……

こんな感じ。ご飯の量を普通にしたにもかかわらず、メインのお茶漬けは結構な存在感。そこに海苔が大量に盛られているのに、どこか品の良さを感じさせるのはなぜだろう?

また、セットにはひじき等の小鉢も添えられているほか、特徴的なのは「ほうじ茶」ってこと。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル