top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

矢吹奈子“パッタイ太り”で撮影「いろんな私が見られる」初めてのカレンダーをアピール

WEBザテレビジョン

HKT48やIZ*ONEの元メンバーで俳優の矢吹奈子が「矢吹奈子 2024.4-2025.3 CALENDAR」(わくわく製作所)を発売。4月20日に都内で発売記念イベントを開催し、囲み取材に応じた。

■「撮影場所がどこか分かったら教えてください」

自身初のカレンダー発売に「今まではAKB48のファンだったので、みんなのカレンダーが出たらすごい喜んで、見るのも楽しみにしていたんですが、今回このカレンダーを作る時には、いろんな私を見せたらいいなって思いながら、すぐに『こういうコンセプトでやりたい』みたいなのを考えました」と、待望の自身のカレンダー制作では積極的に取り組んだという矢吹。

「テーマは本当に『いろんな私が見られる』っていうところなんですけど、衣装もメークも結構変えているんです。一つのコンセプトっていうより、いろんな私が見られるようなカレンダーになっています」と、月ごとに違った矢吹が楽しめると内容を紹介する。

また、撮影した時期と場所を聞かれると、「今年の頭ぐらい、1月でした。場所は…分からないです(笑)」と回答。実際は都内のスタジオで撮影されたが、都内の中でさらに詳しく答えようとしたようで、「スタジオでも外で撮っているカットもあるので、もしかしたら誰か分かる人がいるかもしれないです。この写真がどこか分かったら教えてください(笑)」といたずらっぽく笑った。

■「正月太りしたまま撮りました(笑)」

さらに、撮影が1月だったことから「正月太りしたまま撮りました(笑)。もちろん(撮影を控えていることは)ちょっと意識はしていましたけど…正月、そういえば食べちゃいましたね。タイへ旅行に行っていたので、パッタイをずっと食べてました(笑)」と告白。

「一日で全部撮ったんですけど、顔のむくみが全然違うので、撮った順番が分かるかもしれないです。ぜひ当ててみるっていうのをやってみてください。そういう楽しみ方もあるかなって(笑)」と、カレンダーの違った楽しみ方も提案した。

■ケーキを持った撮影は「30秒ぐらいで落としちゃって…」

お気に入りカットは、指についた生クリームを舐めている写真を最初に選んだが、すぐに「やっぱりこっち」と、誕生月である6月のページに変更。ケーキを持ったり、パーティーを楽しんでいる様子を撮影したシーンだが、「撮った時に、ケーキを30秒ぐらいで落としちゃって…(笑)。で、その後の写真がこれです」と、生クリームを舐めている写真を報道陣に見せる。

「(生クリームを)わざと手につけたとかじゃなくて、実際に落ちちゃってあたふたした時の写真です(笑)。これがすごい印象的です」と撮影時を振り返った。

待望のカレンダーは、ファンにも好評のようで「ファンの方たちに届いてから、すごい皆さん喜んでくださって、『毎日かわいいなこちゃんが拝める』みたいなコメントも頂きました(笑)」と報告。

カレンダーでは定番となる「どこに飾ってほしい?」という質問には「どこがいいんだろう? リビングとかなのかな。毎日見られる、毎日目につく所がいいかなと思うので、リビングのテーブルの真ん中とか、結構目立つような所に置いてほしいです(笑)。ご飯を食べながらも見てほしい」と、“テーブルの真ん中”をリクエストしていた。

■指原莉乃、田中美久に「昨日会った」

ほか、周囲の反応については「(芸能関係の友人には)まだ渡せてないんですけど、家族には渡しました。お母さんは自分の部屋に飾ってくれたんですが、妹はアイドルが結構好きなんですけど、推しの隣に飾ってくれてないので、ちょっとオススメしたいと思います」と、妹へアピールしていくという。

指原莉乃へは「あ、渡したいですね。ちょうど昨日会ったんですけど、渡せばよかった。チャンスだったんですけど…でも、またすぐに会おうというふうに話しているので、ご飯に行った時とかにお渡ししたいと思います」とのこと。

さらに、6時間後には同じ会場で田中美久もカレンダー発売記念イベントを開催。“なこみく”のニアミスとなるが、「運命ですね(笑)。昨日もちょうど会ってたんですけど…昨日みんなに会ってて(笑)。その時に『同じ日だね』っていうのもお話しましたし、昨日は一緒にジーパン巡りの旅、デニム巡りの旅に行ってきました」と、昨日は指原だけではなく、田中とも一緒だったと打ち明けた。

■アイドル卒業から1年を振り返り「まだ1年?って感じ」

現在はドラマやバラエティーなどで活躍している矢吹。「今年の4月でアイドルを卒業して1年になるので、俳優としてもっともっと頑張っていきたい」とアイドル卒業後のことを振り返る。

「本当に卒業して1年っていうのが信じられない。『まだ1年だったの?』って感じるくらい、すごくいろんな面で、バラエティーもそうだし、女優業でも忙しくさせていただいたので、なんか不思議な感じがしています」と、充実した1年を過ごした様子。

「あっという間に感じるかなと思ったんですけど、意外とあれ? 考えてみれば『あ、まだ1年か』みたいな感じがします」と、現在の心境を明かした。

■来年は「ロケがしたい」とスタッフにおねだり

「もし来年もカレンダーを出せたら?」という話題では、「今回ロケがあまりなかったので、外で自然体な感じの写真とかも撮ってみたいです。遊園地に行ったりしてみたいです。っていうふうに言っときます、今から(笑)」とスタッフに希望を伝える場面も。

最後に「初めてカレンダーを出版させてもらったんですけど、本当にいろんなコンセプトで、いろんな表情の私が見られるようになっているので、ぜひ毎日見て楽しんでいただけたらなと思います!」とアピールしていた。

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル