top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

山崎貴監督『ゴジラ-1.0』応援上映に急遽登壇「こんなご褒美が待ってるとは」 田中美央も「泣きっぱなし」

シネマトゥデイ

共に応援上映を盛り上げた田中美央と山崎貴監督

 第96回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞した『ゴジラ-1.0』の応援上映「海神(わだつみ)作戦応援乗船」が19日、TOHOシネマズ新宿で行われ、駆逐艦雪風の元艦長・堀田辰雄役の田中美央と、本作のメガホンを取った山崎貴監督が登壇した。サプライズ登壇となった山崎監督は、劇場に集まった大勢のファンから、アカデミー賞受賞について「おめでとう!」「世界のたかし!」と祝福の声を浴びた。

 本作は山崎監督が、脚本、VFXも担当する『ゴジラ』シリーズの70周年記念作品。神木隆之介を主人公、浜辺美波をヒロインに迎え、戦後、焼け野原となった日本に現れたゴジラが、戦争の惨禍を生き抜いた人々に襲い掛かる様を描く。今回の応援上映は同作のロングランヒット記念とファンのリクエストに応える形で実施され、同時間帯にTOHOシネマズ梅田でも開催された。

 応援グッズの持ち込みやコスプレもOKとなったこの日の上映。堀田艦長を演じた田中は、大歓声に迎えられながら登場すると、頭に装着した自作のゴジラ応援グッズを披露。「みなさんに負けじと、僕も応援グッズを作ってきました。舞浜方面に向かう電車の中で思いつきました。これはいいんちゃうかと。ぜひ公式さんでもグッズ化してください。全て手作りです。100ショップのものだけで作っております」と満面の笑みで手作りグッズを紹介。上映中に『海神作戦を開始する!』のセリフに合わせてパフォーマンスを行うことも宣言するなど、上映前から場を盛り上げる。

 その後、山崎監督が「5分前に決まりました」と紹介されながらサプライズ登壇。田中とがっちり握手を交わすと、客席は大歓声に包まれる。「応援上映の応援に来ました」と照れ臭そうにあいさつした山崎監督は、「自分の作品で応援上映をしてもらうのは初めて。記念すべき初応援上映を自分でも見たかった。無理やり行きますって直前にお願いしました」と感慨深げにコメント。「今日は僕も皆さんと一緒に観ます。楽しみにしてます」と笑顔を見せる。さらにこの日は、梅田の応援上映に山崎監督のコスプレで参加しているファンがいることもアナウスされ、会場の笑いを誘った。

 上映中、田中は宣言通り、最前列に立ち「海神作戦を開始する!」のセリフをスクリーンを前に実行。上映後、山崎監督と再び壇上に立つと、感慨深げに「最初からみなさんの声援で泣きっぱなし。感動しました。映画ってこういう感動があるんですね。僕は『ニュー・シネマ・パラダイス』で客席が歓声をあげるシーンが大好きだったんです。まさか自分が出ている映画でここまで歓声をいただけると思っていませんでした」と感想を述べる。

広告の後にも続きます

 山崎監督も充実の表情で、「応援上映っていいですね。楽しかったです。こんなご褒美が待ってるとは。最高でした。本当にありがとうございます」と話し、最後は客席の「たかし」コールと「みおちゃん」コールを受け、嬉しそうに二人で客席を後にしていた。(取材・文:名鹿祥史)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル