top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

先週の雪辱へ阪神・大竹耕太郎が2週連続中日戦に先発 “虎キラー”大野雄大と対決

SPAIA

先週の雪辱へ阪神・大竹耕太郎が2週連続中日戦に先発 “虎キラー”大野雄大と対決(C)SPAIA

黒星先行の大竹耕太郎


阪神の大竹耕太郎が2週連続で中日戦(甲子園)に先発する。先週6回途中7安打4失点で今季2敗目を喫した相手にリベンジを期しての登板となる。

大竹は現役ドラフトを経て加入した昨季、21試合に先発してチームトップの12勝(2敗)、防御率2.26をマークし、自己最高の成績を残した。今季はさらなる飛躍が期待される中、ここまで3試合に先発して1勝2敗、防御率5.06といま一つ波に乗り切れていない。中6日で迎える竜との再戦で流れを変えたいところだ。

昨季は中日戦に2試合先発して、1勝0敗、防御率3.00の成績。龍空に6打数で3安打を許すなど、チーム被打率.295とヒットは打たれていたが、計12イニングで4失点と要所を抑える投球を見せていた。今日は持ち味の打たせて取る投球で、竜打線を手玉に取りたい。

チームは昨日の勝利で1分けを挟んで4連勝で貯金生活に突入した。7年目左腕も今季初の聖地登板でファンの声援を背に、この上昇気流に乗ることができるか注目だ。

556日ぶり勝利から中16日の大野雄大

一方、中日の先発は大野雄大。昨季は開幕直後に左ひじを痛め、シーズンの大半を棒に振ったベテラン左腕は、4月3日の巨人戦(バンテリンドーム)で今季初先発。5回66球を投げ、4安打4奪三振1失点の投球で今季初勝利をマークした。2022年9月25日の巨人戦以来、実に556日ぶりの白星だった。そこから中16日空けて今日の登板を迎える。

阪神戦は昨年こそ登板がなかったが、2019年から4年連続で防御率1点台をマーク。2022年も7試合に先発して3勝1敗、計52.2イニングを投げて被本塁打はわずかに1本、10失点と安定した投球を見せていた。

2022年8月26日以来、久しぶりの対戦でも“虎キラー”ぶりを発揮するのか。今日もチームに勝利を届けるピッチングに期待したい。

その他の試合の予告先発は以下の通り。

【セ・リーグ】
ヤクルト・阪口皓亮-DeNA・A.ケイ(神宮)
広島・森下暢仁-巨人・井上温大(マツダスタジアム)

【パ・リーグ】
日本ハム・北山亘基-ロッテ・小島和哉(エスコンF)
西武・隅田知一郎-楽天・瀧中瞭太(ベルーナドーム)
ソフトバンク・L.モイネロ-オリックス・東晃平(PayPayドーム)

【関連記事】
・プロ野球AI勝敗予想
・10試合連続2得点以下の阪神、打線テコ入れなら森下翔太と近本光司の起用法がカギ
・中日・梅津晃大、遠回りした元「東洋大三羽烏」が驚異の奪三振率マーク

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル