top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

犬が『失明する病気』5選 危険な症状や手遅れになる前にすべき対処とは

わんちゃんホンポ

犬が「失明する病気」とは

人間同様、犬も目の病気にかかることがあります。人間の言葉で症状を伝えられないので、飼い主が手遅れになる前に適切な対処をする必要があります。

そこで今回は、犬が「失明する病気」について解説します。いざという時にすみやかに対応できるよう、知識として確認しておきましょう。

1.白内障

白内障は、その名が示す通り、「目が白く濁る」という症状が出る病気です。

目のなかでレンズの役割を果たす水晶体が白く混濁した状態になり、視力が低下して、進行すると失明する恐れがあります。

一度白く濁った水晶体が回復することはなく、発症したら少しでも進行を遅らせる治療を受ける必要があります。進行には数年かかることもあるので、発症時期や対処によって寿命まで視力を維持することもできます。

広告の後にも続きます

また、人間の場合、加齢によって発症することが多い病気ですが、犬の場合はどちらかというと若年性の白内障が多く、それは遺伝によるものだと考えられています。

あまりにも早く発症した場合や進行が早い場合などは、外科手術で人工レンズを入れる治療を受けられることもあります。

2.緑内障

緑内障は、眼房水という水が目のなかに溜まりすぎ、眼圧が高くなることで視神経が障害を受ける病気です。視覚が部分的に欠落したり失明したりといった視覚障害のほか、痛みも発生します。

眼圧上昇によって視神経がダメージを受けた場合、回復することはむずかしいので、できるだけ早く眼圧を下げる治療を受けなければなりません。

急激に緑内障の症状が進行した場合は、発症から数時間で失明してしまう恐れがあるので注意が必要です。

3.進行性網膜萎縮症

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル