top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

若槻千夏、絶対流行ると確信した商品が“詰んだ”まさかの原因とは?「バズっちゃって」

E-TALENTBANK

若槻千夏、絶対流行ると確信した商品が“詰んだ”まさかの原因とは?「バズっちゃって」

4月18日放送のフジテレビ系『トークィーンズ』に出演した若槻千夏が、自身のアパレルブランドの新商品に関するエピソードを明かした。

【関連】 若槻千夏、グラドル時代の男性ファンが“全員いなくなった”時期を回想「やっぱイメージと…」

番組では、この日の放送にゲスト出演した犬飼貴丈が、“友達が絶望している瞬間”が大好きだという話題から、スタジオ出演者が過去の“詰んだ瞬間”について話す流れになった。

この中で、若槻は、「ビジネスの話で言うと、デニムの下を作ったら、デニムのベストみたいなのも作りたくて作ったんですよ」「でも世の中で別に流行ってなかったから。上下セットアップみたいなのが。“え、絶対これ流行るじゃん”と思って。『めっちゃ可愛いから』って言って、いつもの倍在庫を積んで」と切り出した。

その上で、「発売の日にスギちゃんがバズっちゃって」「全然売れなかったの」「『うわ、在庫どうすんの?』ってなって」と、デニムのベストを衣装として着用するスギちゃんが話題になったタイミングと重なってしまい、新商品が全く売れなかったと明かした。これを聞いた犬飼は笑顔を見せながら、「いいと思います」と返して笑いを誘っていた。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル