top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

【マイラーズC】中団から立ち回れる馬を評価 京大競馬研の本命は実績、能力ともに最上位のセリフォス

SPAIA

【マイラーズC】中団から立ち回れる馬を評価 京大競馬研の本命は実績、能力ともに最上位のセリフォス(C)SPAIA

開幕週の高速馬場とコース形態の兼ね合いに注意

4月21日(日)にマイラーズカップ(GⅡ)が行われる。一昨年の覇者ソウルラッシュ、マイルCS覇者セリフォスら日本マイル路線の一線級に、古馬重賞初挑戦で京都金杯を制したコレペティトール、初マイルの富士Sでナミュールに迫ったソーヴァリアントなど多くの有力馬が集まり難解な一戦となった。

以下では、本レースが行われる京都芝1600mのコース形態とそれに起因するレース質、そして想定される展開を踏まえ予想する。

まずは京都芝1600m(外回り)のコース形態を見る。スタート地点は向正面で、初角までの距離は約700m。向正面半ばからは徐々に坂を上り、3コーナーのところで頂上を迎え、4コーナーにかけて下る。約400mの平坦な最終直線を駆け抜けるというレイアウトだ。

まず注目すべきは初角まで約700mもの距離があるという点。序盤の隊列は定まりづらく、長く先手争いが続きやすい。それに加え、コーナーに入った後もそこを頂上として最終直線まで下り坂となるため加速していく傾向がある。全体としてスタートからゴールまで淀みないラップが続く、かなりタフなコース形態となっている。

時計が出やすく内前が止まりにくい、開幕週の高速馬場で施行されるレースでありながら、本レースは特段内前有利なレース質を持たない。その理由はまず序盤、中盤で淀みないラップを刻むため、先行する負荷がそれなりに大きいからだ。加えて、軽い芝のおかげで後続も脚を使わずに追走してくるため、速い時計の割に馬群が凝縮し、先行勢が十分なリードを築けない状態で直線を迎えることが多い。先行勢が粘り込むには3~4角でリードを保つための早仕掛けから高速の持続力勝負に持ち込むしかないが、それができる適性や地力のない馬は直線半ばでいっぱいになる。


これは数字からも明らかであり、京都競馬場で施行された直近10回のマイラーズCにおいて、4角5番手以内の馬の成績は【6-5-6-40】勝率10.5%、連対率19.3%、複勝率29.8%、単勝回収率74%、複勝回収率78%だ。1~5枠の馬に絞っても【2-3-4-22】勝率6.5%、連対率16.1%、複勝率29.0%、単勝回収率25%、複勝回収率83%。つまり、特に内前有利なレースではないのである。

もちろん前目からの競馬で押しきった馬もいるが、その馬たちは軒並み上がり3F32秒前半から33秒前半の速い脚を使えており、まさに高速持続戦適性の高い、地力のある馬だった。開幕週だからといって内前で立ち回った馬が惰性で残せるほど甘くなく、むしろ先行勢ほど地力が問われるレースであることを念押ししたい。むしろ、地力がないにもかかわらず内前で立ち回れることを買われ、過剰人気が想定される先行馬はオッズ妙味の観点から評価を下げる。

続いて今回想定される展開から恵まれる馬を考える。前走の通過順位に3番手以内がある先行馬は計3頭で、出走馬17頭に対し多くはない。ただ、ほかの馬もテンが速い馬、先行意識の高い馬はそれなりにいる。開幕週と今回のメンバー構成なら騎手の意識は前に向き、ある程度色気を出して先行していくと想定される。前述のコース形態に加え、ラップ的にも先行負荷が大きい展開になるだろう。

とはいえ、開幕週で馬場が速いことには変わりなく、最後方から馬群の外々を回して速い上がりを使っても先頭までは物理的に届かない。序盤、中盤では中団前方~やや後方の内目で脚を溜めながら追走し、インアウトの形で最後に末脚を伸ばせる馬を最も展開に恵まれる馬と評価する。次点は前目で立ち回りながら高速持続戦適性の高さと、地力で前残りし得る馬を評価して印を打つ。

実績、能力ともに最上位

◎セリフォス
前走香港マイルは内前有利な展開が合わずの7着、評価を下げる内容ではなかった。2走前マイルCSは7着まで4角8番手以下の馬が独占する外差し有利な展開を、3番手追走して0.4秒差8着。高く評価できる。3走前の安田記念も外差し有利な展開を4番手を追走し0.2秒差2着。この時の1、3着馬がソングライン、シュネルマイスターという昨年の日本マイル路線の超一線級馬で、今回のメンバーとは戦って来た相手の格が一枚違う。

外差し有利だった近3走とは違い、今回は馬場、展開ともに恵まれる。安定した先行策から良い脚を使え、地力が非常に高い馬。中団前方の内目で脚を溜め、能力を最大限発揮することが出来れば勝ち負け必至だ。近走の敗戦で断然人気となりにくい今回はオッズ妙味ありと見て本命を打つ。

◯ソーヴァリアント
中山記念は内前有利な展開で、終始折り合いを欠きながら後方を追走した本馬には向かなかった。2走前マイルCSはセリフォス同様、外差し有利な展開が向かず。この2走は度外視可能だ。3走前富士Sはマイル初挑戦ながら後のマイルCS覇者ナミュールに0.6秒差3着と好内容。中距離重賞ではヒートオンビート、ジェラルディーナら多くの重賞馬を圧倒していた実績もあり、今回のメンバーで勝ち負けするだけの能力は十二分にある。折り合い難があるため、1600mへの距離短縮は向く。近2走の敗戦で人気薄が想定される今回は妙味ありだ。

▲セッション
ダービー卿CTは内前有利な展開が向いた中で0.9秒差7着は評価できない内容。ただ、2走前京都金杯は内有利な馬場とはいえ、前半600m33.7秒というハイペースで1、4、5、6、7着を4角6番手以下の馬が占める差し有利な展開を2番手追走、0.1秒差2着と高い地力を見せた。デビューから関西圏での3着内率は100%で、前走の敗戦も長距離輸送の影響と考える。先行力のある本馬にとって、3勝クラス勝ち、京都金杯2着時にコンビを組んだ坂井瑠星騎手への乗り替わりも良い。こちらも前走の敗戦で人気薄が想定される今回こそ妙味を感じる。

△ソウルラッシュ
前走香港マイルは内前有利な展開が合わずの4着で評価を下げる必要はない。しかし、2走前マイルCSは外差し有利な展開が向いた中での2着、素直に評価できる内容ではなかった。確かに今回のメンバーでは能力最上位クラスだが、展開に恵まれたマイルCS2着が人気の要素となっていることと、テンの速さがなく位置取りが後ろすぎることを割引評価して4番手までとする。

×コレペティトール
前走京都金杯は内前有利な馬場をロスなく追走し、ハイペースの差し有利な展開が向いた中での勝利。ただ、中団好位で脚を溜め堅実な上がりを使えるという点で、今回の想定には合う。前走のように馬群を内から捌くような競馬ができれば勝ち負け。

買い目は◎単勝1点、ワイド◎-◯▲2点、馬連◎-○▲△×4点、馬単◎-○▲△×4点で勝負する。(花田)

▽マイラーズC予想印▽
◎セリフォス
◯ソーヴァリアント
▲セッション
△ソウルラッシュ
×コレペティトール

ライタープロフィール
京都大学競馬研究会
今年で30周年を迎える、京都大学の競馬サークル。馬主や競馬評論家など多くの競馬関係者を輩出した実績を持つ。また書籍やGⅠ予想ブログ等も執筆。回収率100%超えの本格派が揃う。


《関連記事》
・【マイラーズC】ソーヴァリアント、エエヤンは消し ハイブリッド式消去法
・【マイラーズC】前走GⅠ組不振で非重賞組に重い印 割引データなしのニホンピロキーフに託す
・【マイラーズC】過去10年のレース結果一覧

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル