top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『勝利の女神:NIKKE』1.5周年で新実装されるニケは誰なの!? 大本命を脅かす「キロ」とは? 不意打ちで登場した大人気キャラも侮れない

インサイド

ニケ同士のシナジーを見極める戦略性や、ポストアポカリプスな世界観で描かれる過酷な物語など、多彩な魅力でユーザーを惹きつける『勝利の女神:NIKKE』。その勢いは衰えることなく、もうじきハーフアニバーサリーの1.5周年を迎えようとしています。

ちょうど1年前の半周年記念では、ピルグリムのニケ「ドロシー」が実装されました。ストーリーでひと足先に顔を見せていましたが、半周年に合わせたイベントストーリー「OVER ZONE」で彼女の過去も明らかになり、話題となったことを鮮明に覚えている人も多いことでしょう。

また、M.M.R.附属高校に所属する「ライ」が、初のSSR配布ニケとして実装されたのも話題となりました。M.M.R.附属高校を舞台とするイベントが後に行われましたが、それに先駆ける形での実装でした。

昨年の盛り上がりに続き、今年も注目を集めそうなハーフアニバーサリー。気になるのはやはり新たに実装されるニケでしょう。これまでのストーリーやイベントに登場し、まだゲーム内には実装されていないニケが多数いるので、その中から選ばれる可能性も少なくありません。

現在、実装待ちのニケがどれくらいいるのか。また、その中でも特に有力なのは誰なのか。代表的な未実装ニケを取り上げつつ、特に可能性が高そうな面々を独断でピックアップしてお届けします。こちらの記事を読みつつ、貴方もぜひ予想してみてください!

■K
悪事に手を染める人間を見極め、その処分も辞さない部隊「シージペリラ」に属する「D」が、2023年4月に実装されました。その判断に指揮官も深く関わる物語は印象的で、忘れられない指揮官もいるはず。

そんなDと同じ部隊に所属する「K」も、まだ実装されていないニケのひとり。立場柄、対人戦が多そうな彼女ですが、ラプチャー相手だとどんな戦いを繰り広げるのか。そこへの興味も尽きません。

■ルージュ
去年の半周年記念も盛り上がりましたが、その直後に行われた期間限定イベント「Bunny X 777」にも、プレイヤーである指揮官たちが熱い視線を送りました。

というのも、この時実装された「ブラン」と「ノワール」が、セクシーで魅力的な見た目と、戦闘で非常に有用な性能を両立しており、瞬く間に注目を集めたためです。

そんな彼女たちが普段働いている「コインラッシュ」には、「ルージュ」と呼ばれる女性もいました。詳細などは明かされていませんが、彼女もブランやノワールと同じ部隊だった場合、いずれ実装される芽はありそうです。

■アイン、ツヴァイ
先ほど話に上がったライが本格的に登場したのが、2023年9月実施の期間限定イベント「SCHOOL OF LOCK」です。ニケたちを育成するM.M.R.附属高校の物語が展開したほか、「マルチャーナ」が実装されたイベントでもあります。

そしてライと共に登場しながら、まだ実装されていないのが「アイン」と「ツヴァイ」の2名です。ブランとノワールのように、コンビで同時に実装されるケースもあるため、そうしたシナジーも含めて実装の期待が寄せられている2人です。

■トロニー
一気に時間が進みますが、2024年2月に「BOOMS DAY」が行われ、レトロゲーム「BOOM」をこよなく愛するゲーマーな女子「エレグ」が実装されました。彼女は、同じタイミングで開放されたメインシナリオ「チャプター27」と「チャプター28」にも登場し、メインとイベントのW出演を果たします。

そんな彼女と同じ部隊に籍を置き、「BOOMS DAY」では部屋に閉じこもった理由が描かれた「トロニー」も、いずれ参戦する見込みが高め。エレグとトロニーの関係も微笑ましく、今後の活躍も実に楽しみです。

■クレイ
そして、現在開催中のイベント「ONE MORE TIME」では、チアリーディングに全力を注ぐ「ベイ」が実装されたほか、彼女と同じチームを組む「クレイ」が登場しました。

もうじき1.5周年ですが。そのタイミングでクレイが実装されるなら、むしろ「ONE MORE TIME」で実装される方が自然な流れと言えます。実装待ちのニケとしては最も日が浅いため、順番的にもまだしばらく待つことになりそうです。




■パピヨン
続いては、メインシナリオに登場済みで、まだ実装されていない面々を振り返りましょう。まずは、戦闘外での活動も目立つ「パピヨン」です。

彼女は今、バーニンガムによる指示を受けつつ、エデンでドロシーとの取引に応じています。実装されるタイミングとしては、今の状態だとやや中途半端なので、もう少し展開が動いた後の方が可能性が高そうです。

■E.H.
「E.H.」はニケではなく人間ですが、エリシオンのCEOを務めるイングリッドに、自分をニケにしてくれと頼んだ経緯があります。

イングリッドもその申し出を受けているため、いずれE.H.がニケになって再登場しそうな見通しです。ただし1,5周年に合わせてくるのは少々早い気もするので、彼女の登場もメインシナリオの進行待ちかもしれません。

■ハンマリング、リヴァリン
「チャプター27」と「チャプター28」で新登場したニケはエレグだけでなく、「ハンマリング」と「リヴァリン」もカウンターズと合流し、作戦に随行しました。

しかしエレグと違い、両名のゲーム内実装はまだ行われておらず、未実装組に名を連ねています。それぞれの背景もまだ語りきられていないので、1.5周年よりも先になりそうな気配です。なお、所属部隊がそれぞれ違うため、同時実装の可能性も少ないでしょう。

■「ヘレティック」の面々も、いつか実装される可能性が
「クイーン」の部下である「ヘレティック」は、もちろん人類の敵ですが、その立場を脱したり、一時的に休戦状態(実質的には実装)になっている者もいます。

前者は、第1回の人気投票でもダントツの人気ぶりを見せた「モダニア」(ネタバレに関わるので、本記事では「モダニア」の名称で統一します)、後者は探索要素で実装された「ニヒリスター」です。

こうした前例があるので、現在敵対している「リバーレリオ」や「インディビリア」も、いつか実装される日が来るかもしれません。

また、過去譚の「RED ASH」でゴッデス部隊に立ちはだかった、シンデレラこと「アナキオール」も気になる存在です。専用武装の「ガラスの靴」がどのように表現されるのか、想像力が刺激されます。




■「王国」というワードから、クラウンとチャイムの実装に期待が集まる
ここまで、いずれ参戦する可能性がありそうな面々を厳選して紹介しましたが、1.5周年に合わせて実装されるニケとなると、個人的には「クラウン」と「チャイム」がかなり有力な候補だと考えています。

あくまでこれまでの傾向ですが、昨年の半周年と1周年の記念では、いずれも「ピルグリム」に属するニケが、ガチャ向けに新実装されました。その流れを汲むなら、今回もピルグリムから選ばれる可能性が高いでしょう。

クラウンとチャイムはいずれもピルグリムなので、その条件を満たしています。モダニアとニヒリスターもピルグリム扱いなので、リバーレリオやインディビリアも候補に当てはまりそうですが、クラウンとチャイムを有力視する理由はほかにもあります。

特に大きな理由は、1.5周年を告知するキービジュアルにある「希望は最後の王国と共にある」という一文です。「王国」という言葉はクラウンがたびたび口にしており、民を守ることを責務として己に課しています。チャイムもそんな彼女に仕え、王国を支える日々を送っているのは、皆さんご存じの通りです。

この文言を1.5周年のキーワードと捉えると、クラウン・チャイムとの関連性を感じざるを得ず、2人揃って実装されてもおかしくありません。

ちなみにクラウンとチャイムは、先日のアップデートで実装されたサイドストーリーにも登場し、いずれも立場に即した活躍を見せてくれました。直近で株が大きく上がったばかりなので、1.5周年の実装に合わせたと考えるとタイミングもばっちりです。

■人気、実力ともに十分! 「モダニア」が躍り出るのか?
個人的には大本命と言っても差し支えがないほど、クラウンとチャイムが実装される可能性は高いと見ていますが、100%とは断言できず、気がかりな点もいくつかあります。

そのひとつが、同じくサイドストーリーに登場した「モダニア」の存在です。もちろんモダニア自身は、2023年1月に実装済みのニケですが、今回のサイドストーリーはモダニアが王国に行くまでの話。その意味では、彼女が主役の物語とも言える内容でした。

しかもサイドストーリーの最後で装いが大きく変化し、新たな姿にバージョンアップ。指揮官たちに予想させないサプライズでのお披露目だったので、多くの方々が驚きました。

『勝利の女神:NIKKE』を語る上でも決して外せない人物のひとりで、人気投票では殿堂入り、実力も最強クラスとくれば、新バージョンでの実装に期待が集まるのも当然の話。スキンでの実装もあり得ますが、この注目度に叶う展開とすれば、やはりガチャ向けでの実装でしょう。

前触れなくお披露目された新モダニアの不意打ちで、1.5周年の実装キャラ予想は不透明になりつつあります。ただし、2周年に合わせての実装でもおかしくないほどの注目度なので、今回は顔見せで済ますのではと個人的に予想します。




■謎のキャラ「キロ」の存在で、実装予想も入り乱れる
ある意味では、新モダニア以上に予想を大きくかき乱す存在が、もうひとりいます。それは、「キロ」です……と言われても、ピンとこない人も少なくなさそうです。なぜなら「キロ」は、まだ『勝利の女神:NIKKE』に登場していないと思われるキャラだからです。

誰とも分からないキャラがなぜ実装の候補に挙がっているのかと言えば、その理由はひどくシンプル。1.5周年について詳しく語られる「NIKKE1.5周年記念生放送~王国のセレブレーション~」の実施が決定していますが、この番組に潘めぐみさんが「キロ役」として登壇することが判明。告知の中で新キャラの存在が突然示唆され、「何かあるのでは!?」と俄然注目を集めたためです。

キロがどういう人物なのかはまだ分かりませんが、「NIKKE1.5周年記念生放送」に登壇する声優の担当キャラが、1.5周年と無縁とは考えにくいところ。むしろ、新実装されるニケだと考えれば、潘さんが番組に呼ばれるのも実に納得です。

今は、名前だけで全てが謎に包まれている「キロ」。ネーミングの近さから、「リター」や「センチ」が籍を置く「マイティツールズ」のひとりでは……と予想する人もいれば、「チャプター28」の終盤に登場した名前が不明の人物では……と考える人もおり、1.5周年の実装ニケ予想は入り乱れています。

そもそもニケかどうかも分かりませんし、全ては想像と推測に過ぎませんが、何の情報もないまま放り込まれた「キロ役」という情報に、指揮官たちの意見も割れがち。まったく無名の、しかし本命を差し切る可能性も十分あるダークホースが登場し、油断ならない状況に陥っています。


サイドストーリーや番組の告知前までは、「クラウンとチャイムだろう」という意見が多かった1.5周年の新実装ニケ。しかし今は、予断を許さない状況となっています。

個人的には「新モダニア」のインパクトに驚いたものの、その姿での活躍はまだなので、もう一盛り上がりあった後での実装ではと見ています。また、番組との関係で「キロ」も無視できない存在ですが、「クラウン」と「チャイム」の実装が盛り上がるタイミングが今なのも確かです。

もしかしたら、2人実装+1人配布という形かもしれません。その場合、「戦闘には不向き」と作中で語られていたチャイムが配布で、クラウンとキロがガチャ向きに実装されるという線もあり得ます。

キロというダークホースがあまりにも突然だったので、予想するのも困難な状況ですが、果たして実際に参戦する新ニケは誰なのか。貴方もぜひ、予想してみてください。





 
   

ランキング(ゲーム)

ジャンル