top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

息子の靴から「追跡タグ」を発見した母親 ストーカーを疑い通報するも…

Sirabee

息子の靴の中から、見知らぬ追跡タグを見つけた母親。ストーカーを疑い警察に通報するも、勘違いだったことが判明した。『Fox 35 Orlando News』『Mirror』などが伝えている。

 

■「AirTag」アラート受信

2023年12月、アメリカ・フロリダ州在住の母親Aさんは、クリスマス・パレードに参加してから自身のiPhoneに「AirTagが近くでみつかりました」とアラートが届くようになった。

Aさんを含め家族にAirTagを持っている者はいなかったため、特に気に留めなかったが、その後も頻繁にアラートが表示されたそうだ。

しばらく様子を見ていたが、そのAirTagの位置情報が息子(7)のいる場所に表していることに気付いたという。

広告の後にも続きます

 

関連記事:飼い犬がタクシーに飛び乗り161キロの大冒険 人懐こさが引き起こしたトラブル

■インソールに埋め込み

Aさんが息子の所有物をくまなく調べたところ、靴のインソールにAirTagが埋め込まれていることに気づいた。同時に「息子の居場所を1ヶ月近く誰かに追跡されていた」とも気づき、恐怖で青ざめたそうだ。

タグを発見したその日にAさんは近くの警察署に出向き、被害届を提出した。捜査員らはストーカーと思われる人物の捜索を開始し、Apple社に当該AirTagの所有者情報を開示するよう要求したという。

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル