top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

犬を叱るときの絶対NG行為5選 ついやってない?適切な対応の仕方とは

わんちゃんホンポ

今日からやめて!犬を叱るときの絶対NG行為5選

犬が悪いことをしたら「それはいけないこと」と教えるのが飼い主の責務です。しかし叱り方を間違えていると、愛犬に叱っていることが伝わっていなかったり、ただ怖がらせるだけで信頼を失ってしまう恐れもあります。

ここでは犬を叱るときの絶対NG行為を紹介するので、ご自身がやっていないか確認してみましょう。

1.叩くなどの体罰

いくら「ダメ」を伝えたいからといって、叩いたり蹴ったり体罰を与えることは絶対にやめてください。体罰を受けた犬は、何に対して怒られているのか考える余裕を失い、ただ「怖い」というトラウマだけが残ってしまいます。

また、マズルをつかんだり大声で怒鳴り散らす叱り方も、犬に恐怖や不安を過剰に与えてしまいます。叱る時は声のトーンや表情を上手く使って「ダメ」を伝えましょう。

2.愛犬の名前を呼びながら叱る

無意識に愛犬の名前を呼びながら叱っている人は多いと思います。しかし、愛犬の名前を呼びながら叱っていると、犬が『愛犬の名前』を「嫌なことが起こる前兆」として学習してしまう恐れがあります。

広告の後にも続きます

すると、他のシーンでも愛犬の名前を呼ぶたびに緊張してしまい、ストレスを与えかねません。名前を呼ばれるだけで怯える生活が続いてしまうため、叱る時に名前は呼ばないようにしましょう。

3.時間が経過してから叱る

悪いことをして時間が経過してから叱っても、何に対して叱られているのかわからず、犬が困惑してしまいます。

例えば、留守番中のイタズラを帰宅後に叱っても、犬からすれば「何で?」と理由が伝わりません。もしも時間が経過してしまっている場合は、イタズラした場所を指差すなど、何で「ダメ」と叱っているのかをわかりやすく伝えてあげましょう。

4.長々と説教する

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル