top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

エマ・ストーンが音楽にあわせて踊り狂う姿が 『憐れみの3章』カンヌ版特別予告公開

Real Sound

『憐れみの3章』©2024 20th Century Studios. All Rights Reserved.

 第77回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、ワールドプレミア上映されることが決まったヨルゴス・ランティモス監督最新作『憐れみの3章』より、カンヌ版の特別予告映像と新たなティザービジュアルが公開された。

参考:第96回アカデミー賞は授賞式として“格段に”良くなった? 6つのハイライトを解説

 ランティモス監督のもとには『哀れなるものたち』を監督と共に作り上げた、エマ・ストーン、ウィレム・デフォー、マーガレット・クアリーが再集結。さらに、『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』『パワー・オブ・ザ・ドッグ』のジェシー・プレモンス、『ザ・ホエール』のホン・チャウ、『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』『マイ・エレメント』のママドゥ・アティエ、『ユーフォリア/EUPHORIA』『ハンガー・ゲーム0』のハンター・シェイファーらが出演する。

 また、『籠の中の乙女』『ロブスター』『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』のエフティミス・フィリップが共同脚本を担当し、ランティモス監督とのタッグが復活した。

 公開された映像では、スウェーデンのアーティストCOBRAHによる「BRAND NEW BITCH」の曲に合わせ、ストーンが踊り狂う姿が。そんな中、次々と本作に出演するキャストたちが映し出されていく。

広告の後にも続きます

 あわせて公開された新たなティザービジュアルには、不穏な気配が漂う「水滴滴る血まみれの手」「切断された指」「壊れたラケット」の3つのモチーフが描かれている。

(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル