top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

世界最大級の淡水魚水族館「アクア・トト ぎふ」の“20周年”企画がスタート  クラゲの魅力を紹介する企画展や、木曽三川の生物多様性を楽しく学べる新施設も

もっとエンタメ

 神秘的なクラゲの魅力を紹介する企画展や、木曽三川の生物多様性を楽しく学べる新施設もオープン! 今年7月に開館20周年を迎える世界淡水魚園水族館「アクア・トト ぎふ」(岐阜県各務原市)では、4月13日からの1年間を“アニバーサリーイヤー”とし、一年を通じてさまざまなイベントや新規展示を開催していく。「世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ」20周年記念サイトも公開している。ゴールデンウイークのお出かけに足を延ばしてみては?

 まずは特別企画展として、「クラゲに夢中! ~きっとあなたも、好きになる♡~」をスタートした。クラゲ飼育の歴史をけん引してきた水族館である「新江ノ島水族館」(神奈川県藤沢市)とコラボレーション。水族館だからこそ観察できる個性豊かなクラゲの世界や生態に触れ、生き物の多様性を感じることができる企画展。淡水域に出現するマミズクラゲをはじめ、木曽三川が流れ着く伊勢湾で見られるクラゲを紹介している。身近な環境に目を向け、川と海のつながりも認識できる展示。1階の特別企画展示スペースで7月7日(日)まで。

 

 また、同水族館内に、新施設「木曽三川 長良川・木曽川・揖斐川の豊かな水辺」が、4月20日にオープン。岐阜県南西部から愛知県北西部と三重県北部の一部にかけて広がる濃尾平野を流れる木曽三川をイメージし、そこで暮らす生き物や多様性を見て・感じて・楽しく学べる展示施設。屋外の解放感あるスペースで、生き物を観察しながら、おさかなにごはんをあげる体験もできる。入館料のみで入…

 
   

ランキング(くらし)

ジャンル