top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

新宿駅の改札内で売っている「3240円のお弁当」の中身とは? 開けたら…大草原が広がってて圧倒された

ロケットニュース24

大草原不可避とは一般的に「めっちゃウケる」的な意味のネットスラングだが、これから紹介するお弁当もある意味で大草原不可避である。あまりにも大草原すぎるので、思わず「草生えてる」と言ってしまう人だっているかもしれない。

いや、その前に値段に圧倒されてしまう人は多いはず。なんてたって1つ3240円! 先に言っておくが、うな重でも寿司の詰め合わせでも高級焼肉弁当でもない。それなのに、3240円である。では、中には一体なにが詰まっているのかというと……? 

その前に、まずは販売している店舗などについて簡単に触れておこう。3240円のお弁当を販売しているのは「秘密厨房」というお店で、ロケ弁などを扱っているらしい。

詳しくは公式サイトを参照してもらうとして、その店舗の1つが新宿駅改札内の「イイトルミネ(EATo LUMINE)」にある。

イイトルミネは20以上の飲食店が集まっているグルメスポット。2024年4月17日にオープンしたばかりで、新宿駅の中でいまもっともホットなエリアと言っていいかもしれない。

広告の後にも続きます

その中を歩いているとき、発見したのだ。「イイトルミネ新宿店限定」と書かれた『極み「春」弁当』を。

先に述べたように価格は3240円。新宿駅の改札内で3000円以上するお弁当が販売される時代になったか……と思うと妙な感慨が湧いてくる。同時に中身が気になるので購入してみることに。

袋から出すと、容器の段階で普通のお弁当ではない。どちらかというとお重。

そいつを開けてみたら……

大草原〜〜〜〜!

そう、ご飯の上に乗っているのが野菜なのだ。ふりかけでもジャコでもおかかでも梅干しでもなく、季節の野菜なのである。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル