top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

犬がしっぽを足の間に挟んでいるときの心理4つ 注意が必要な場合や正しい接し方とは

わんちゃんホンポ

犬がしっぽを足の間に挟んでいるときの心理

犬がしっぽを足の間に挟むことには、様々な気持ちが表現されています。

しっぽの動きを見るだけで犬の気持ちを予測することもできますが、犬の気持ちは耳の動きにもよく表れますし、表情や鳴き声にも注目してみましょう。

1.敵意がないことを表している

犬がしっぽを足の間に挟んでいるとき、敵意がないことを表していることがあります。

自分よりも力の強そうな相手を目の前にしたとき、しっぽを隠すように足の間に挟みます。争いごとを避けるための手段です。視線を逸らし、目を合わせないようにします。

仲良くなりたい相手を目の前にしたときは、しっぽを隠すように足の間に挟み、「敵意はないよ」「君と仲良く一緒に遊びたいんだ」という気持ちを伝えようとしています。

広告の後にも続きます

相手の警戒心を解くため、目をジッと見つめることがないようにし、相手の様子をうかがいたくて何度もチラ見をするのが特徴です。

2.緊張している

犬がしっぽを足の間に挟んでいるとき、緊張していることがあります。

ダラリと垂れさがっているように見えて、実はグッと力が入っています。体にもこわばりがあることが目に見えてよく分かります。

愛犬はどんな場面や状況で緊張しやすいでしょうか。臆病なタイプであると、インターホンの音が鳴ったり、お客さんが室内に入って来たりするだけで緊張し、しっぽを足の間に挟むことがあります。

動物病院の待合室では明るく振る舞っているように見えて、いざ診察室に入ったとき、獣医師を目の前にしたときに緊張し、しっぽを足の間に挟むことがあります。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル