top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

日常を脅かす恐怖…!韓国気鋭のホラー監督たちが贈る『怪談晩餐』日本公開決定

シネマトゥデイ

『怪談晩餐』ポスタービジュアル – (C)2023[TOYOU’S DREAM INC.& STUDIO TOYOU.] All Rights Reserved.

 日常生活に潜む、身の毛もよだつ怪談を描いた最恐ウェブトゥーンを、韓国気鋭のホラー監督5人によるコラボレーションで映画化した『怪談晩餐』が、7月19日より日本公開されることが決定し、ポスタービジュアルと特報が公開された。

 本作は、カカオページの大人気ウェブトゥーン「Tastes of Horror」で連載され、若者を中心に絶大なる人気を得たホラー漫画が原作。「ディンドンチャレンジ」「四足獣」「ジャックポット」「入居者専用ジム」「リハビリ」「モッパン」という、ダンスや入試、ライブ配信といった日常的で現代的な題材を背景にした、6つの衝撃的な怪談が描かれる。

 参加監督は、『ブラインド』のアン・サンフン、『ホテルレイク』のユン・ウンギョン、『殺人漫画』のキム・ヨンギュン、『時間回廊の殺人』のイム・デウン、『シャーク 覚醒』のチェ・ヨジュンというKホラーの担い手たち5人。EL7Z UPのイェウン、元CLC のスンヨン、スンヒ、そして「イカゲーム」のキム・ジュリョンと、期待の若手から実力派俳優まで、豪華な顔ぶれが出演している。

 公開された特報では、血みどろの手や目玉を吐き出す男、何者かに囚われ引きずり込まれていく少女の姿など衝撃的なシーンが切り取られており、どんな恐怖が待ち受けているのか期待が膨らむ映像に。また、ポスタービジュアルは、血だらけの狂気渦巻く食卓を背景に、「今宵の食卓を飾るのは、死よりも恐ろしい物語。」という赤字のコピー、そして欲望に目がくらんだ人間に降りかかる極上の恐怖と対峙する6人の表情が切り取られた1枚となっている。(高橋理久)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル