top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『サーチライト-遊星散歩-』8月2日にDVD発売決定 中井友望が生活に困窮する高校生役に

Real Sound

『サーチライト-遊星散歩-』©2023 「サーチライト-遊星散歩-」製作委員会

 中井友望主演映画『サーチライト-遊星散歩-』のDVDが、8月2日に発売されることが決定した。

参考:中井友望が何かを見上げる 『サーチライト-遊星散歩-』特報映像&ティザービジュアル公開

 本作は、ミスiD2019で3500名の中からグランプリを受賞し、『少女は卒業しない』『ベイビーわるきゅーれ2 ベイビー』『炎上する君』などに出演した中井の初単独主演作。

 東京・青山のシナリオ・センターでシナリオを学び、『老孫介助』で第20回シナリオS1グランプリ奨励賞、『僕は啄木』で函館港イルミナシオン映画祭2018における第22回シナリオ大賞準グランプリを受賞した脚本家・小野周子が企画・脚本を手がけた。

 若年性認知症を発症した母親の世話をしていた父親が他界し、一人で母の面倒を背負い込んでしまう主人公の内田果歩(中井友望)。父が生きていた頃には、想像もしていなかった絶望の日々の中、果歩は友達や学校の先生にも、困窮した状況を相談できないでいた。ある日、学校のトイレットペーパーを大量に持ち帰ろうとしていたところを同級生の上野輝之(山脇辰哉)に見つかってしまう。5人兄弟の大家族で家計を支えるために新聞配達するほど、余裕のない生活を送っていた輝之は、同じように貧困で苦しんでいそうな果歩が気になりはじめる。輝之は果歩と仲良くなろうと試みるも、心に余裕がない果歩には鬱陶しく感じられる。そんな中、果歩は学校の先輩が「JK散歩」をしていることを知る。生活費も底をつき、母を守る為に、果歩は禁断の「JK散歩」の扉を開いてしまう。

広告の後にも続きます

 本作は、第28回フジテレビヤングシナリオ大賞で応募総数1600本の中から最終選考にノミネートされた脚本を映画用に改稿し、『餓鬼が笑う』の平波亘監督が映画化。劇中歌・音楽を手がけ、出演もしているミュージシャン・合田口洸とのタッグで、瑞々しくも痛みを伴いながら疾走する青春映画を作り上げた。

 輝之役をNHK連続テレビ小説『らんまん』に出演した山脇辰哉、母・貴子役を安藤聖、果歩を「JK散歩」の世界へ誘う花先輩役を都丸紗也華、果歩と“お散歩”するサラリーマン・長谷川役を山中崇が演じたほか、西本まりん、詩野、水間ロン、安楽涼らが共演に名を連ねた。
(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル