top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

『精神が弱い犬』の仕草や行動4つ 打たれ弱い犬の特徴やモチベーションをあげるためにできること

わんちゃんホンポ

「精神が弱い犬」の仕草や行動

犬にも性格の違いがさまざま存在します。明るくてやんちゃな性格の犬もいれば、不安になりがちで消極的な「精神が弱い犬」も当然います。

そこで今回は、「精神が弱い犬」について解説します。もし愛犬が該当するようであれば、対応方法にも配慮してあげる必要があります。

1.隠れる

大きな音がする、知らない人がいるなど不安を感じたり不慣れな状況に陥ったりしたとき、姿を隠すような行動をする犬は自信が持てない状況にあることが考えられます。

他の犬が近づいてきたときに飼い主さんの後ろに隠れようとしたり、他人が家に入ってきたときに家具の後ろに隠れたりといった行動を見せる犬は少なくありません。

このような様子を見せている犬には、強引に近づいたり陰から引っ張り出したりするようなことはやめておきましょう。犬を余計に怖がらせてしまいますし、最悪の場合攻撃される可能性もあります。

2.消極的で動きが少ない

広告の後にも続きます

自分に自信が持てない犬やネガティブになりやすい犬は、不安を抱いているときは自らあまり動かない傾向があります。動くことで周囲の注目を集めることになりますし、攻撃対象になる恐れもあるため、息をひそめるように静かに過ごそうとするのです。

また、まわりの人や犬とできるだけ目を合わせないようにしたり、姿勢を低くして遠くから様子を伺ったりするような様子も見られます。

3.よく吠える

日本には「弱い犬ほどよく吠える」ということわざがあります。心が弱い人や能力が優れていない人ほど、強がって怒鳴ったり騒いだりすることが多いことを表現するものです。

実際の犬も、怖がっていたり不安を感じていたりする犬は、自分を守るために吠えたり唸ったりして威嚇する様子が多く見られます。そうすることで、自分に相手を近づかせないようにしたり、どこかに行ってもらったりするためです。

怖がって威嚇行動をしている犬に不用意に近づくと、さらに強い攻撃を仕掛けられる可能性があります。そのような場合、犬は冷静でいられず必要以上に強い力で攻撃してしまうことがあるので刺激しないように注意しましょう。

4.常同行動をする

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル