top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

世良公則&ツイスト「あんたのバラード」が耳の奥で流れ…/日本全国「旅打ち」行脚~福島競馬(下)

アサ芸プラス

 4月13日、福島競馬では3連単111万円の特大万馬券が飛び出した。出かけた翌14日、どうなることやらと思っていたのだが、比較的落ち着いた流れになっていた。見(ケン)をした7Rは3連単が2万4820円、8Rは1万250円だった。

 そして迎えた9Rの医王寺特別(4歳以上1勝クラス、芝1200メートル、14頭立て)。1200メートルの持ち時計を見ると、この距離専門で1分8秒台や9秒台を出している⑩コスモアディラートが断然いい。それから前日1、2、3着がある永野猛蔵騎手が、この日は連絡みがない。永野が乗る2番人気③アンタノバラードの一発もあり、か。この時、世良公則&ツイストが歌う「あんたのバラード」が耳の奥で流れてたりして…。

 馬券は1着③と⑩から2着に⑧⑪⑭、3着に②も加えたフォーメーション32点に各300円とした。

 レースはどうだったかといえば、逃げ馬の2番手につけた⑩が楽々抜け出し、2着に3番人気の②、3着に人気薄の⑬が入り、3連単⑩②⑬は7820円だった。③は7着で、ドボン。世良公則は散ったのだった。

 気を取り直して10R。奥の細道特別は4歳以上2勝クラス、芝2600メートル、16頭立てである。

広告の後にも続きます

 ⑪トロピカルライトが1番人気だが、単勝1ケタが他に4頭いて、オッズが割れている。こういう時の1番人気は怪しい。

 そこで2番人気⑭シャインユニバスの7枠、3番人気⑥メイショウウネビと6番人気⑤シリンガバルガリスの2頭が同居の3枠、4番人気⑯フルールの8枠の枠連③⑦⑧ボックス、各2000円で勝負することに。

 結果は終始2番手につけた⑯の楽勝だった。前々のレースで⑯に続いた⑦が2着、3着に⑥で、3連単⑯⑦⑥は9万280円、枠連④⑧2220円。5番人気の4枠⑦シリアルノヴェルの存在を見落としていたのが敗因だった。またドボンである。

 ではメインの11Rへ。福島民報杯は4歳以上オープン、芝2000メートル、16頭立てだ。

 持ち時計なら断然の⑯カレンルシェルブルと、前日好調だった佐々木大輔騎手の⑭サンストックトンを1着に入れ、人気上位の④⑥⑦⑧、女性ジョッキー・永島まなみの⑫を2、3着にしたフォーメーション60点に各200円。結果は2着、3着で買った⑦と④が1、2着で、3着に⑬。3連単⑦④⑬は4万3360円だった。全然ダメだ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル