top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

一体、何が起きた…!? 大谷翔平、いきなり打ち方を変える “天才的バットコントロール”がヤバすぎると話題に 「もう投げる所がない」「いつの間にリーグ最多安打」

ABEMA TIMES

【MLB】ドジャース0-2ナショナルズ(4月17日・日本時間18日/ロサンゼルス)      

4月17日(日本時間18日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対ワシントン・ナショナルズの一戦で、ドジャース・大谷翔平が放ったチームバッティングに徹した軽打が、野球ファンの間で注目を集めている。

ナショナルズ投手陣の前に攻撃の糸口を掴めないまま、0-2、ドジャース2点のビハインドで迎えた8回裏の攻撃、2死走者なしの場面。大谷にとってこの日の第4打席となったこの場面で、大谷はカウント2-2からの6球目、やや外寄りのストレートを見逃さずに捉えると、素直に弾き返した打球は穏やかに伸びてセンターのやや左へと落ちるシングルヒットに。この一打で大谷はこの日3本目のヒットとなり、猛打賞。大きくは振りにいかず、とにかく逆転のキッカケを作りたいという、大谷の執念を感じさせる一打となった。

チームの勝利とそこへの貢献を第一に掲げる大谷らしい打撃ともいえるこのシングルヒットに、ネット上の野球ファンからは「これは巧い!野球観てて久々に声出たわw」「篠塚かよwww」「松中も時々こういうヒット打ってたwww」「だんだん投げるとこなくなってきてあそこの球投げじゃゃったんだよなw」「ここまでバッテリーを追い込む打者ってスゴいな」「なあ、大谷さんて不振扱いじゃなかった?w」「いつの間にリーグ最多安打」といった様々な反響が巻き起こっている。

広告の後にも続きます

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル