top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

猿の‟キングダム”を築こうとする冷酷な独裁者、プロキシマス・シーザーの日本版声優を竹内力が担当! 映画『猿の惑星/キングダム』

otocoto

映画史に残る神話的名作『猿の惑星』の“完全新作”として描かれる、映画『猿の惑星/キングダム』。この度、猿を統括し、キングダムを築こうとする冷酷な独裁者プロキシマス・シーザーの日本版声優に、多方面で活躍する竹内力が抜擢された。

本作では『ゼルダの伝説』実写映画の監督にも抜擢され注目を集めるウェス・ボール監督と『アバター』シリーズを手掛けたVFX スタジオWETA がタッグを組み、現在から300年後、支配者が人間から猿へと移り変わった世界を舞台に、猿と人間の“共存”か猿の“独裁”かをかけた衝突が、圧倒的なスケールで描かれる。

長年人間と猿の立場の逆転を丁寧に描いてきた『猿の惑星』シリーズの完全新作となる本作で、自身の帝国を築くために衰退した人間を徹底的に排除しようとしている冷酷すぎる独裁者、プロキシマス・シーザーの声を担当する竹内は「敵役でお声がけいただいて光栄に思っています。色んな映画に敵役がいて主役がたつわけで、敵役がいないとエンターテインメントにならない。準主役のつもりで楽しく演じさせていただきました。」「今までも多くの敵役を演じてきたので感情を入れやすいキャラクターでした。プロキシマス・シーザーは知性があり、よく話すキャラクターなので、猿らしく話すというよりは、彼の持つ知的なところが伝わりやすいように、そして演じているケヴィン・デュランドに寄せるように演じました」と演じるうえでのこだわりを明かした。

さらに、プロキシマス・シーザーと自身を比較して「彼のように支配をしたいという思いはないけれど、自分自身も長年会社を経営していて、みんなを引っ張っていくことが多いので、そういうところは似ているかな。自分の色を出しながら生きてきたから“俺は俺でありたい”“自分らしく”というのは人より強いと思います。」と共通点を語った竹内。

最後には、プロキシマス・シーザーの劇中のセリフを用いながら「人間と猿の立場が逆転するという設定をよく思いついたなと思った。すごいよね。これまで『猿の惑星』シリーズを見たことがない方でも、この作品だけで“なんて素晴らしい日だ”となるぐらい楽しめます」とコメントした。

広告の後にも続きます

映画『猿の惑星/キングダム』は、2024年5月10日(金)より全国ロードショー。

作品情報 映画『猿の惑星/キングダム』

人間と猿、地球の支配者の劇的な交代劇が起こってから何年も後の世界。高い知能と言語を得た多くの猿は文明的なコミュニティを築き、人間社会のような進化を遂げた。一方で人類は言語、文化、技術、社会性を失い、野生生物のような存在となっていた‥‥。

監督:ウェス・ボール

出演:オーウェン・ティーグ、フレイヤ・アーラン

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

©2024 20th Century Studios. All Rights Reserved.

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル