top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

レッドソックス、本塁打リーグ2位オニールが負傷者リスト入り 主砲ディバースは左膝を検査へ 

ベースボールキング

レッドソックス、本塁打リーグ2位オニールが負傷者リスト入り 主砲ディバースは左膝を検査へ (C)ベースボールキング

◆ オニールが負傷者リスト入り

 現地時間18日、ボストン・レッドソックスはタイラー・オニール外野手(28)が脳震盪により7日間の負傷者リストに入ることを発表した。

 オニールは昨季終了後にカージナルスからレッドソックスへトレード移籍。今季は『5年連続開幕戦本塁打』のMLB新記録を樹立するなど、15試合に出場し、打率.313、7本塁打、8打点、OPS1.209と絶好のスタートを切っていた。同15日のエンゼルス戦で、守備時に飛球を追って三塁手と交錯し、途中交代。その後2試合を欠場していた。

 また、三塁手のラファエル・ディバースは左膝のMRI検査を受けることになった。同試合では交錯後も出場を続けたが、翌日の2戦目は途中交代、3戦目は指名打者での出場となり、4戦目は欠場。以前から肩痛により欠場が続き、同15日の試合が5試合ぶりの出場となっていたが、再び離脱する可能性が高まった。

 レッドソックスは10日ほどの間に先発2番手ニック・ピベッタ、3番手ギャレット・ウィットロックも負傷者リスト入り。投打の主力を欠くチームは直近10戦で3勝7敗と苦しんでおり、勝率5割ながらアメリカン・リーグ東地区の最下位となっている。

 

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル