top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

筒香嘉智がDeNA入団会見で古巣復帰の”決め手”を初告白! 三浦監督との爆笑勧誘エピソードも「帰って来いよ。と言われて…」

THE DIGEST

筒香嘉智がDeNA入団会見で古巣復帰の”決め手”を初告白! 三浦監督との爆笑勧誘エピソードも「帰って来いよ。と言われて…」(C)THE DIGEST
 5年ぶりに「ハマの大砲」が愛する古巣に帰還した。

 4月18日、横浜DeNAに復帰を発表した筒香嘉智(前サンフランシスコ・ジャイアンツ)が本拠地の横浜スタジアムで入団記者会見を行なった。会見は一般公開され、雨が降るなか約9600人の熱心なファンが集結した。

 DeNA時代の応援歌が球場を包むなか、ネイビーのスーツ姿で登場した筒香は第一声で、「本日はお集まりいただき本当に感謝しています。また、この横浜スタジアムで野球ができる喜びを噛みしめています」と、笑みを浮かべながら挨拶した。

 開門前には1000人以上のファンが列をなして待っていたほど、DeNA”再入団”の瞬間を待ちわびていた。熱烈な歓迎に筒香は「かなり鳥肌が立っています」と表現。しかも、会見の直前まで強く降っていた雨が突然ピタッと止んだこともあって、テンションの上がったファンの熱気は最高潮だった。

 ジャイアンツ退団後は「どうなるか分からない状況が続いて、正直日本に復帰するというモチベーションが、いまひとつ上がらなかったのは事実」と語り、当時の胸中を素直に吐露。米国でプレーを続けるのか、それとも日本に戻るのか。かなりの葛藤があったことを初めて明かした。

 そんな悩める大砲は、なぜ古巣への復帰を決断したのか。誰もが知りたかったその理由を答えると、球場からは再び大きな拍手が沸き起こった。

「毎日練習している時間のなかで、いろいろ考えていくなかで、やはりベイスターズで優勝したい。(優勝を)するという思いが、僕のいま日本でプレーするモチベーションとなりました」
  横浜高校から2009年にドラフト1位でベイスターズに入団し、16年には打率.322、44本塁打、110打点で本塁打王と打点王の2冠を獲得するなど、球界を代表する主砲に成長した筒香。19年オフにポスティングシステムを利用して海を渡る決断をしたとき、球団は背番号「25」を空けたまま、快く送り出してくれた。

 そして、ジャイアンツを退団になった数日後にはDeNAの指揮を執る三浦大輔監督から直接電話があったエピソードを明かした。「『おい、帰って来いよ。じゃあまたな』と言われて。『お疲れ様です。また連絡させていただきます』と返事を。15秒くらいで電話は終わりました」と明かすと、球場は大爆笑。すると直後には、入団を勧誘した三浦監督がサプライズで登場。「おかえり」と言葉をかけて、大砲の横浜帰還を喜んだ。

 指揮官は「やはり、横浜スタジアムが似合う男だなと思います」と誇らしく語り、「まだまだシーズンは長い。大きな柱となって、チームの起爆剤になってほしい」と期待を寄せた。

 終盤には19年以来、背番号「25」のユニホームに袖を通し、三浦監督とガッチリ握手を交わした筒香。かつて、侍ジャパンの4番を担った頼れる男の復帰を祝うかのように、「筒香ー! おかえりー!」とファンがコールしたあと、慣れ親しんだ応援歌が小雨が降るハマスタの夜空に響き渡った。

取材・文●湯川泰佑輝(THE DIGEST編集部)

【関連記事】「おかえりなさい!」筒香嘉智が古巣のDeNA復帰! 5年ぶり “ハマスタ凱旋”に拍手喝采「最高だよ!225(ツツゴー)」

【関連記事】「7億ドルの男がまた小さくなった」打率.341も得点圏で打てない大谷翔平に韓国メディアが敏感反応!「ついに監督も注文をつけた」

【関連記事】「大谷は悪くない!」ドジャースが262日ぶり完封負け。米メディアの“意味深投稿”にファン激怒!「あまりにも皮肉めいている」
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル