top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

仁志敏久氏、首位中日好調のカギは「地味なんですけど僕は内野の守備だと思う」と鉄壁の内野陣に熱視線

ベースボールキング

仁志敏久氏、首位中日好調のカギは「地味なんですけど僕は内野の守備だと思う」と鉄壁の内野陣に熱視線(C)ベースボールキング

◆ 中日のディフェンス面に着目

 この日は終盤の粘り及ばず、ヤクルトに敗戦を喫してしまった中日だが、ここまで10勝5敗で首位の座をがっちりキープしている。

 好調の要因には中田翔の加入もあり、得点力も増している点もあるが、18日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に解説者として出演した仁志敏久氏は「ここまでの中日の勝ち方を支えてるところというと、地味なんですけど僕は内野の守備だと思う」とディフェンス面に着目。「今日も非常にいいプレーがあったんですけれども、 まずファーストの中田選手のプレーなんですけど、簡単に捕っているように見えますけども、非常に難しいバウンドです」と巧みなグラブハンドリングの良さを絶賛。また「山本(泰寛)選手のファインプレーもなんですけども、やはり 取れそうなアウトをしっかり取っている。もしかしたらヒットになるんじゃないかという打球もアウトにしている。 アウトを取る確率が非常に高いので、ピッチャーも助かってるところが、ドラゴンズ好調の要因であるんじゃないかなと思います」と分析した。

 もう一人の解説者・齊藤明雄氏も「ヒットゾーンに飛んでも、なんとか守ってくれるっていう感覚ですね」と同意しつつ「それから今いいのは、練習風景を見ていても元気がいいんですよ。それがここ1番のプレーに繋がってるんじゃないかなっていう感じはしますね」と波にのっているチームの雰囲気の良さも関係しているのではと推測していた。

 固いディフェンスから攻撃につなげるスタイルが確立すれば、この先ドラゴンズは近年の不振を一気に解消していきそうだ。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2024』

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル