top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

勝負強さ際立つ森下と佐藤輝明が躍動!仁志敏久氏「頼むぞっていう時になんとかしてくれるバッターですね」と絶賛

ベースボールキング

勝負強さ際立つ森下と佐藤輝明が躍動!仁志敏久氏「頼むぞっていう時になんとかしてくれるバッターですね」と絶賛(C)ベースボールキング

◆ “アイブラック兄弟”が活躍!

 阪神が巨人に逆転勝ち。今シーズン初のサヨナラ勝ちで延長戦を制した。先発した西勇輝は2回に1点を失ったものの、8回まで投げ切り文句なしのHQSを達成。巨人先発の菅野智之の前に沈黙していた打線も、8回に森下翔太のタイムリーで試合を振り出しに戻すことに成功。さらに延長10回には、巨人の守護神・大勢から連打と故意四球で無死満塁のチャンスを作ると、5番の佐藤輝明がライト前にサヨナラヒットを運び、熱戦に終止符を打った。


 18日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』でMCを務めた野村弘樹氏は「まずこの森下が同点タイムリー打っているんですけども、大事なところで1本出てるような気がするんですよ」と勝負強さに注目すると、解説の仁志敏久氏も「ランナーを置いての思い切ったバッティングが非常に光ってますね」と同意。

 もう一人の解説者・齊藤明雄氏も「やはりチャンスが来た時に、しっかり自分のバッティング、スイングができてると思うんです。だからその分いい結果が出てるんじゃないかなっていう感じはしますね」と分析した。


 さらに「最後は佐藤輝明が決めましたし、ヤクルト戦でもホームランで決めたりしてるんですけど、佐藤も大山もまだ1割台。今日森下が2割に乗ったぐらいで、クリーンナップは確かに苦しんでるんですけど…」と野村氏が打率の低さに言及すると、仁志氏も「そうなんですよね。森下もそうですけれども」と同意。

 しかし「ここでっていうところで打ってくれるので、外すに外せない選手なんです。 どこで大事な1本が出るかっていうのは、もちろん誰もわからないですけども、でもこういう時、頼むぞっていう時になんとかしてくれるバッターですよね」とコメントすると、齊藤氏は「岡田監督が4番の大山、3番・森下との5番・佐藤は動かさないで、お前らが任せてるぞっていう感じで試合に送ってるのかなと。その結果、打てない時もあるけど、こうやってサヨナラを打って、期待通りの働きをしてくれてるんじゃないかなっていう感じはしますけどね」と指揮官の信頼も鍵を握っているとした。


 “アイブラック兄弟”が全打点を叩き出す活躍で勝利した阪神。持ち味の思い切りの良さと勝負強さは、今年も他球団にとって脅威となりそうだ。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2024』

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル