top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

犬が『壁を見つめる』ときの心理4つ 何かが見えているの?不思議な行動の意味とは

わんちゃんホンポ

犬が壁を見つめるときの心理

愛犬が壁をジーッと見つめているとき、何か特別なものが見えているのかも…と、何だかゾッとしてしまうことがあるのではないでしょうか。

犬には霊感があるのではないか、ともよく言われていますよね。この説には化学的根拠はなく、正確なことはわかっていないようです。

犬が壁を見つめているとき、低い唸り声を上げたり、飛びかかろうとしたり、吠えるなどすることがあります。犬は何を感じ取っているのでしょうか。

1.何かがユラユラ動いているぞ…

何かがユラユラ動いているぞ…と、犬が壁を見つめることがあります。

壁に犬の抜け毛やホコリがくっついていて、風や空気の流れによって揺れ動いているのではないか、と考えることができます。

広告の後にも続きます

犬は視力が弱く、0.1~0.3ほどだと言われていますが、動くものをとらえる「動体視力」が優れています。そのため、壁にくっついている微かなものも目に見えるのでしょう。

壁の微かな付着物は、人間の目にはなかなか見えないかもしれませんが、意外と汚れているものです。愛犬が過ごす室内の壁は、ハンディーモップ等でお掃除するのがおすすめです。

2.音や声をじっくり聞きたい

犬が壁を見つめるとき、音や声をじっくり聞きたいと考えていることがあります。

家族が帰宅するとき、家に着くずっと前から玄関で待っている愛犬の姿を目撃したことはありませんか。飼い主の足音を聞き取ることができるからです。

犬の聴力が優れていることはご存じかと思いますが、なんと『1kmも離れた場所の音や声を聞き取ることができる』とされているのです。見つめている壁の方向に何等かの音や声を聞き取り、正体を探っているところなのでしょう。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル