top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

犬が死ぬかもしれない『口の病気』4選 主な原因や見逃してはいけない口の中の状態とは

わんちゃんホンポ

愛犬の『お口の健康チェック』をしよう

みなさんは愛犬の口の中を定期的にチェックしていますか?

普段はなかなか見ることがない場所ではありますが、犬は口の中にも病気が発症することがあるため、定期的に異常がないか観察する必要があります。

日頃から口を触られることを犬に慣れさせて健康チェックをスムーズに行い、異常があれば早期に発見できるようにしておきましょう。

犬が死ぬかもしれない「口の病気」

犬の口に発症する病気の中には、犬の命を奪う恐れがある疾患も存在します。

そこで今回は、犬が死んでしまう「口の病気」について、その症状などを解説しますので、参考にしてください。

1.歯周病

広告の後にも続きます

犬の歯周病は、葉の表面に付着した歯垢が時間とともに歯石になり、その結果歯の周囲の歯肉に炎症や細菌感染が起こる状態を言います。歯が抜けてしまったり、歯根部に膿がたまる歯根膿瘍などの症状が起こります。歯周病は進行すると、最悪の場合下あごの骨が溶けて骨折を引き起こすことがあります。

また、細菌が血液と共に心臓などの臓器に流れて悪影響を及ぼし、犬が死んでしまうこともあるのです。

初期の犬の歯周病には、次のような症状が見られます。

出血 歯がぐらぐらする 口から悪臭がする ヨダレが増える

犬の歯周病を防ぐためには、毎日歯磨きをして歯垢を残さないようケアをすることが大切です。子犬の頃から歯磨きの練習をして、若いうちから習慣づけましょう。

2.メラノーマ

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル